初めてホームページを作られる方へ ホームページ制作 | 墨田区

初めてホームページを作られる方へ

LINEで送る
Pocket

『ホームページを制作したいが、ホームページ制作のことがよくわからない』
このようなお問い合わせをよくお受けいたします。
私たちは、お客様のホームページ制作への疑問やご質問を一つ一つ丁寧に解決しながら、
お客様が納得できるホームページ制作を目指しています。

初めてのホームページ制作にあたり、専門用語を使用せず、なるべくわかりやすくご説明できるよう心がけております。

「ホームページが簡単にできる」はウソ

「誰でも簡単にホームページを作れる」という名目のツールが世の中には多くあります。
しかし、これは「ウソ」です。確かに素人でも簡単にできるのかもしれません。
しかし、それは本当に目的を果たすための手段でしょうか?
「ないよりあった方がまし」は本当でしょうか?
そのホームページで本当に閲覧されている方に、お客様の思いは通じているでしょうか?

ついつい忘れがちですが、インターネットの向こう側にも「人」がいます。
現代ではインターネットの普及により、ユーザーはインターネットの世界に慣れています。ホームページを少し見ただけで「自分の欲しい情報があるか」「読み続ける価値があるか」を判断することができます。操作性やデザインの悪いホームページでは、せっかく閲覧してくれたユーザーが逃げてしまいます。そして魅力のないホームページへは2度と足を運んでくれないでしょう。

あなたもそうではありませんか?
私たちはこの道のプロです!そのことを十分に理解しています!
自分たちでなんとかしようとする前に、ぜひ一度ご相談ください。

比較されるのは当たり前

人は決断することは苦手ですが、「比較」することは得意です。

仮に、検索ユーザーの目的にあった情報がお客様のホームページにあったとします。
これを見てすぐにお客様へのコンタクトを取るようなことはしません。
当然、同業他社様と「比較」をします。
そして、よりよい情報が記載されている方へコンタクトを取るのです。

重要なのは、その人たちに
「何をアピールしたいのか、何を伝えたいのかを明確にする」
ことです。

目的を明確にする

ホームページを作る上で重要なことは、「目的の明確化」です。あれもこれも掲載させるのもよいですが、一番伝えたいことを重点的に掲載する方が効果的です。

例えば、「売上をアップしたい!」ということであれば、御社の得意分野を他サイトと差別化して掲載します。
「お店の雰囲気を伝えたい!」ということであれば、写真を増やして掲載します。
「お年寄りにはわかりにくい所在地なので、わかりやすい地図を掲載したい!」など、
業種によっては必ずしも売上アップを目的にしない場合もあります。

まずは、お客様の「夢と目的」を語ってください。
私たちがお客様の目的達成のために、全力でサポートいたします。

費用対効果を意識する

せっかくホームページ制作のためにお金をつかうのですから、費用対効果を意識する必要があります。使ったお金に対する効果(目的)が達成できていなければ、お金を捨てたことと同じです。また、過剰に機能を追加することも好ましくありません。

例えば、ニュースやトピックスの更新を手軽にできるよう、CMS(※)を導入する例があります。しかし、構築にはそれなりにお金がかかります。本当に必要であれば導入する価値は多大にありますが、費用に見合った効果が出せるのかは、十分な検討が必要です。

ぜひ一度ご相談ください。ご相談は「無料」です。

※CMS:コンテンツマネジメントシステム(英: Content Management System, CMS)
専門知識を必要とせずに、ホームページの管理をおこなえるツールで、テキストや画像を変更することもできます。

ホームページで伝えたい思いを忘れずに

お客様がよく陥りがちなのが、私たちがお申し込みをお受けした後、ホームページ制作に対する熱が冷めてしまうことです。なぜなら本業が忙しい中、こちらからお願いする原稿や写真を集めるといった工程をおこなうことになるからです。

原稿もいざ書こうとすると、思ったように筆が進まなかったり、写真もいいものを揃えようとしても、なかなか撮影する時間もタイミングもない・・・など、予想以上に進まない状況が発生すると思います。

そうなると、「とにかくホームページを立ち上げなければ!」という思いになり、本来の目的から外れていってしまいます。結果的に妥協したホームページが出来上がり、ユーザーに本当に伝えたかったことが伝えられないといった状況が発生してしまいます。
「努力なくして成功なし!」とも言います。
インターネットの先にいる、見えない「人」に対して発信したいメッセージを伝えるため、がんばりましょう。そのために、私たちは全力でサポートいたします!

LINEで送る
Pocket