レフ版の使い方とおすすめ品 ホームページ制作 | 墨田区

レフ版の使い方とおすすめ品

LINEで送る
Pocket

レフ版の使い方 をご紹介します。
レフ版とは反射板である レフ板とは簡単に言えば反射板のことです。

被写体へライトや太陽光を反射させて強い影になってしまう部分を和らげたり特定の場所に光を当てたりすることができます。横からの光でできた影を薄くしたり、被写体への光の強弱を利用して立体感を出すなど、その利用方法は多岐にわたります。

レフ版にはいくつか種類があります。ここでは同じ被写体で実際にレフ版を使った撮影結果をご紹介しますので、これからレフ版の購入を検討されている方のお役にたてればうれしいです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


レフ版を使ってみる

光源から入ってくる光を反射できる位置にレフ板を置きます。微妙な位置調整で反射の明るさが変わるので、いろいろ試してみましょう。
レフ版の使い方

位置にレフ版を置く位置は、ライトや太陽光などの入ってくる光が反射できる場所に設置します。反射の明るさは、レフ版を置いた位置で変わるので、いろいろ試してみてください。


レフ版の種類

レフ版には、「黒レフ」「銀レフ」「白レフ」など、様々な種類があります。これらは反射量がの違います。銀レフは強く光を反射し、白、黒となるにつれて光の反射が弱まります。最強の反射板は鏡なのは皆さんご存知のとおりですね。光源の状況を見て最適なレフ版を選びましょう。一般的には、晴れた天候では白レフ、曇りの日は銀レフ、照明器具を使う場合は銀レフといった感じで使われます。

レフ版なしの場合

影が色濃く出ていて、被写体が主役になっていませんね。
レフ版なしの撮影

黒レフの場合

反射が減ってしまい、影の濃さも変わりません。
黒レフを使って撮影

白レフの場合

だいぶ影が薄くなり、被写体が主役になってきました。
白レフを使って撮影

銀レフの場合

色濃かった影が薄くなり、被写体がイメージしやすくなりました。
銀レフの場合


黒レフをうまく使う

黒レフは反射板としての利用用途はあまりありません。でも、レフ版の上に載せて撮影すると・・・
黒レフを台座に使う


ほら、被写体が急に高級感のある存在になったと思いませんか?
反射板としてだけでなく、台座としてもレフ版は使えるんですね。


レフ版の代用品

レフ版の種類は様々あります。高価なものから安価なものまで、豊富な品揃えです。

代用するとすれば、スケッチブックでしょうか。開けば白レフの代わりになります。

それと、鏡も利用できますね。ご存知の通り、鏡は究極の反射板となります。

高価なレフ版は手が出にくいので、こういったもので代用してもよいと思います。


レフ版のラインナップ

よく売れているのはこちらです。安価で購入しやすいですね。

商品撮影や人物撮影に 丸レフ板 80cm

新品価格
¥830から



商品撮影や人物撮影に 丸レフ板 107cm

新品価格
¥1,270から



プロ仕様になるとこんな感じになります。

自立レフ板リフレクタースタンドセットワイヤータイプ 白黒 しっかりスタンド (22983)

新品価格
¥14,980から



自立レフ90*180 銀白折りたたみ式(23316)

新品価格
¥15,880から



レフ版一つでプロ気分を味わえ、写真の仕上がりもグッと上がります。

ぜひ試してみてください。


おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL