撮影用照明(ライト)SB-060S ソフトボックス購入レビュー ホームページ制作 | 墨田区

撮影用照明(ライト)SB-060S ソフトボックス購入レビュー

LINEで送る
Pocket

撮影用照明(ライト)SB-060S ソフトボックスの購入レビューです。
撮影用照明(ライト)SB-060S ソフトボックス購入レビュー

SB-060S は、4灯式のスタンドセットとなっています。

購入の理由は、部屋が暗いから^^。日が差さない部屋ってのと、蛍光灯が暗いってのもあるかな。撮影キットみたいなのは高いので、もし使いこなせなかったらと思うと、ちょっと手が出ません。なので、比較的安価な撮影用ライトを使って試してみようと思った次第です。

思ったより撮影が面白かったので、これから撮影用照明を検討されているの方参考になればうれしいですね。

購入先は Amazon です。

【DIGITAL TRIP】バンクライト 写真撮影用照明セット 4灯ソケット+三脚スタンド+傘 ソフトボックス

新品価格
¥5,480から





【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


撮影用照明(ライト)SB-060Sが届く

箱から出してみると、こんな感じです。器具と取扱説明書が入っています。
一応、スタンドには専用ケースが付いていました。
SB-060Sには器具と取扱説明書と専用カバーが同梱

蛍光灯はついてませんので、別途購入する必要があります。100W形(20W)電球型蛍光灯を購入すれば OK です。明るさの調整もしたかったので、ここでは60W型も一緒に購入しました。公式には60W以上の蛍光灯タイプの電球であれば問題ありません。白熱球は発火の危険があるので NG です。
SB-060S 100W形(20W)電球型蛍光灯

全て出してみるとこんな感じ。丸いソケット部分、ライトスタンド、棒が4本、ディフューザー、ソフトボックス本体が入っています。
SB-060S 丸いソケット部分、ライトスタンド、棒が4本、ディフューザー、ソフトボックス本体

撮影用照明(ライト)SB-060Sを組み立てる

早速、SB-060S を組み立てます。初めて組み立てたときは、説明書通りにやってもうまくできず、30分くらいかかりました。なので、ここではできるだけ詳しく、写真多めで紹介します。慣れれば3分~5分くらいで組み立てられます。

まずは、ソケット部分とライトスタンドを合体させます。
SB-060S ソケット部分とライトスタンドを合体

次に、ソフトボックスを被せておきます。
SB-060S ソフトボックスを被せる

続いて、棒をソケット背面に挿します。挿す際、棒の先端が「短い方」を挿します。
SB-060S 棒をソケット背面に挿入

全部挿すとこんな感じです。
SB-060S 棒を全挿し

棒の挿し込み穴は側面の4か所を使います。穴はいくつかあるので、挿し込み位置に注意しましょう。
SB-060S 棒の挿し込み穴は側面の4か所

次に、ソフトボックスの4隅にある挿し口に棒の「長い方」を挿し込みます。ソフトボックス側のスリット(切れ目)がある個所を最後に挿すと装着しやすいです。最後の棒に挿す際は、棒を軽く曲げる感じで、力を入れて挿し込みましょう。
SB-060S 最後の棒に挿す際は力を入れて

スリット(切れ目)にはマジックテープが付いていますので、これをくっつけます。
SB-060S ソフトボックスのマジックテープをつける

電球を取り付けます。
SB-060S 電球取り付け

最後にディフューザーを装着して完了です。こちらもマジックテープですので、くっつければおしまいです。
SB-060S ディフューザーを装着

完成品はこんな感じです。
SB-060S 完成品

横を向けるとこんな感じ。
SB-060S 完成品横向き

撮影用照明(ライト)SB-060Sを使って撮影してみた

早速撮影してみましょう。まずは、照明なしで撮ってみます。
SB-060Sを使って撮影 照明なし

照明なしで撮った写真がこちら。
SB-060S 照明なし写真

SB-910 Nicon ニコン スピードライト を使ってバウンスさせているので、それなりに柔らかい光の感じが出ていていますね。


次は、照明ありで撮ってみます。
SB-060Sを使って撮影 照明あり
照明ありで撮った写真がこちら。
SB-060S 照明あり写真

おお、予想以上に被写体が明るくなりましたー^^

まとめ

安価な照明キットでも十分な明るさで被写体を明るくしてくれるということがわかりました。撮影用照明(ライト)SB-060S・・・いい感じですね^^

でもまだ影が見えているので、1台じゃ役不足なのかな・・。2台用意して、双方から光を当てるともっと違う印象になるのでしょうね。上からも当てられたらスタジオになりそ^^

光をコントロールすることで写真はよりよくなりますからね。もっと勉強が必要ってことですねー。

でも、楽し~ですー^^

皆さんも是非試して、カメラライフをエンジョイしてくださいね。

【DIGITAL TRIP】バンクライト 写真撮影用照明セット 4灯ソケット+三脚スタンド+傘 ソフトボックス

新品価格
¥5,480から
(2016/11/11 14:39時点)



おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL