Eclipse プロパティエディタ Plugin インストール方法 ホームページ制作 | 墨田区

Eclipse プロパティエディタ Plugin インストール方法

LINEで送る
Pocket

プロパティエディタ Eclipse Plugin のインストール方法をご紹介します。

プロパティエディタ(Properties Editor) Eclipse プラグイン とは Unicode で書かれたプロパティファイルを Eclipse 直接上で直接編集することができるツールです。

本来であれば native2ascii コマンドを使って Unicode 変換するわけですが、このツールはその手間を省いてくれる便利なツールです。

このプラグインが入っていないと、下図のように Unicode 文字が羅列して、人間にはわからない状態となっています。
Unicode文字の羅列

この機会にぜひインストールしておきましょう。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


プロパティエディタのインストール

ここでは Eclipse 4.4 LUNA を使ってインストール手順をご紹介します。
まずは Eclipse メニューバーの「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。
Eclipse メニューバーから「ヘルプ」「新規ソフトウェアのインストール」を選択

右上の「追加」ボタンを押下します。
追加ボタンをクリック

名前:「PropertiesEditor」
ロケーション:「http://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/」
と入力し、「OK」ボタンを押下します。
名前とロケーションを入力

画面中央から「プロパティエディター」を選択して「次へ」ボタンを押下します。
プロパティエディタを選択して次へボタンをクリック

「次へ」ボタンを押下します。
次へボタンをクリック

「使用条件の条項に同意します」を選択して「完了」ボタンを押下します。
「使用条件の条項に同意します」を選択して「完了」ボタンを押下

セキュリティー警告が出ますが、ここは気にせず「OK」ボタンを押下します。
セキュリティ警告はOKボタンをクリック

Eclipse の再起動を促されます。「はい」ボタンを押下して再起動しましょう。
Eclipseを再起動します

Eclipse が再起動されたら、該当ファイルを右クリックして「次で開く」を選択し、「PropertiesEditor」を選択します。
「PropertiesEditor」を選択

すると、先ほどまで Unicode 文字で表示されていたものが、日本語で表示されます。
日本語で表示された


まとめ

プロパティエディタは Unicode 変換を自動でしてくれるんですから、ホントに便利なプラグインです。他にも Eclipse には様々なプラグインがあります。開発効率を上げるためにも、色々チェックしてみてくださいね。


おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL