Flex カレンダー 日付複数選択可能 – DatePickerサンプル ホームページ制作 | 墨田区

Flex カレンダー 日付複数選択可能 – DatePickerサンプル

LINEで送る
Pocket

Flex でカレンダーといえば、DateFieldDateChooser コンポーネントがありますね。
しかし、実務の中では、年間で稼働日を管理したりするケースがあり、これらのコンポーネントでは表現や利用に問題があったりします。
年間カレンダーを手軽に表示でき、また、選択された Date 型 が ArrayCorrection で取得できたらと思い、以下のようなものを作ってみました。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


[注]グレー表示されているのが、選択された日付ということになります。

月間カレンダー

Flex DatePicker 月間カレンダー 基本のカレンダーはこのようになります。
土日は休日扱いなので、デフォルトで選択状態になります。ここは設定で変えられます。

半期カレンダー

Flex DatePicker 半期カレンダー 月間カレンダーを 6個並べると、半期カレンダーになります。
実務の中では、半期でものを考えることがありますので、そういった場合に利用できます。
このケースは、開始月が 1月 からになっていますが、4月・10月から開始することも可能です。

年間カレンダー

Flex DatePicker 年間カレンダー 月間カレンダーを 12個並べると、年間カレンダーになります。
実務の中では、年間の稼働日カレンダーを管理するケースがありますので、そういった場合に利用できます。
このケースは、開始月が 1月 からになっていますが、4月・10月から開始することも可能です。

使い方

mxml から作成します。ここでは、Module を利用します。
まず、コンポーネントの宣言をします。
xmlns:dp="datepicker.*"
そして、creationComplete にて、 onInit をコールします。
creationComplete="onInit()"

次に、年度の表示と前月・翌月のボタンを表示する記述をします。
クリックイベントに、 beforeMonthnextMonth を記述します。

<mx:HBox horizontalAlign="center" width="219" height="10" verticalAlign="middle">
   <s:Spacer width="100%" />
   <s:Image id="before" source="icon/arrow_blue_left.gif" click="beforeMonth()" buttonMode="true" useHandCursor="true" mouseChildren="false" />
   <s:Spacer width="20" />
   <mx:Text id="year" />
   <s:Spacer width="20" />
   <s:Image id="next" source="icon/arrow_blue_right.gif" click="nextMonth()" buttonMode="true"  useHandCursor="true" mouseChildren="false" />
   <s:Spacer width="100%" />
</mx:HBox>
ここで、月間カレンダーの表示を記述します。id は month としています。
<dp:OneMonth id="month" />

これで mxml の記述はおしまいです。

次に、イベント処理を記述します。

datepicker.Util クラスを読み込みます。
import datepicker.Util;

開始日の変数を宣言します。
private var startDate:Date;

creationComplete で利用される onInit() を記述します。
ここでは、CSS の読み込みと、開始日を設定しています。
そして、後で出てくるカレンダー作成の関数をコールします。
protected function onInit():void {
  StyleManager.getStyleManager(null).loadStyleDeclarations("css/blue.swf");
  var today:Date = new Date;
  startDate = new Date(today.fullYear,today.month,1)
  onCreation(startDate);
}

前月のボタンがクリックされたら動作する関数を記述します。
開始日を前月にして、カレンダー作成の関数をコールします。

protected function beforeMonth():void {
  startDate = Util.addMonth(startDate, -1);
  onCreation(startDate);
}

翌月のボタンがクリックされたら動作する関数を記述します。
開始日を翌月にして、カレンダー作成の関数をコールします。
protected function nextMonth():void {
  startDate = Util.addMonth(startDate, 1);
  onCreation(startDate);
}

カレンダーを作成します。
protected function onCreation(stDate:Date):void {
  // カレンダー作成
  month.creation(stDate);
  year.text = stDate.fullYear.toString();
}

これでおしまいです。
基本は、DatePicker.creation に、開始日を指定するだけです。

土曜日や日曜日をデフォルト選択なしにする。

土曜日を操作にするには、
saturdayIsHoliday
を利用します。
日曜日を操作にするには、
sundayIsHoliday
を利用します。
いづれも、creation のコール前に、以下のような記述をします。

month.saturdayIsHoliday = false;
month.sundayIsHoliday  = false;
month.creation(stDate);

すると、以下のように選択が外れます。
Flex DatePicker 選択なし
半期と年間のカレンダーの場合、月単位に設定する必要があります。
1月を開始月とした場合、1か月目の土日を操作する場合、
firstSaturdayIsHoliday
firstSundayIsHoliday
を利用します。

2月は、2か月目の土日を操作ということになり、
secondSaturdayIsHoliday
secondSundayIsHoliday
となります。

以下に、プロパティリストを記述します。(1月を開始日とした場合)
土曜日 日曜日 半期カレンダーで利用 年間カレンダーで利用
1月 firstSaturdayIsHoliday firstSundayIsHoliday
2月 secondSaturdayIsHoliday secondSundayIsHoliday
3月 thirdSaturdayIsHoliday thirdSundayIsHoliday
4月 fourthSaturdayIsHoliday fourthSundayIsHoliday
5月 fifthSaturdayIsHoliday fifthSundayIsHoliday
6月 sixthSaturdayIsHoliday sixthSundayIsHoliday
7月 seventhSaturdayIsHoliday seventhSundayIsHoliday ×
8月 eightSaturdayIsHoliday eightSundayIsHoliday ×
9月 ninthSaturdayIsHoliday ninthSundayIsHoliday ×
10月 tenSaturdayIsHoliday tenSundayIsHoliday ×
11月 elevenSaturdayIsHoliday elevenSundayIsHoliday ×
12月 twelveSaturdayIsHoliday twelveSundayIsHoliday ×

選択された日付、選択されていない日付を取得する。

選択された日付を取得する場合は、
getDisabledList()
にて取得できます。

選択されていない日付を取得する場合は、
getEnabledList()
にて取得できます。

戻り値は、いづれも ArrayCorrection です。
こんな感じで取得してください。
// 選択されている日付を表示
var disabledList:ArrayCollection = month.getDisabledList();
for each ( var disabledDate:Date in disabledList ) {
  selected.text += f.format(disabledDate) + "\n";
}
// 選択されていない日付を表示
var enabledList:ArrayCollection = month.getEnabledList();
for each ( var enabledDate:Date in enabledList ) {
  nonSelected.text += f.format(enabledDate) + "\n";
}
Flex DatePicker 日付表示

選択状態日付、未選択日付を設定する。

表示時に、選択状態を作るには
holidayList
を利用します。
表示時に、未選択状態を作るには
weekdayList
を利用します。

たとえば、昨日・今日・明日を選択状態にするには、month.creation のコール前に、以下のような記述をします。

var today:Date = new Date;
var yeasterday:Date = new Date(today.fullYear,today.month,today.date - 1);
var tommorow:Date = new Date(today.fullYear,today.month,today.date + 1);
var holidayList:ArrayCollection = new ArrayCollection([	
  today,
  yeasterday,
  tommorow
]);	
month.holidayList = holidayList;
month.creation(stDate);

すると、以下のように選択状態を作ることができます。
Flex DatePicker 選択方法
今度は逆に、昨日・今日・明日を未選択状態にしてみましょう。
var today:Date = new Date;
var yeasterday:Date = new Date(today.fullYear,today.month,today.date - 1);
var tommorow:Date = new Date(today.fullYear,today.month,today.date + 1);
var weekdayList:ArrayCollection = new ArrayCollection([
  today,
  yeasterday,
  tommorow
]);
month.weekdayList = weekdayList;
month.creation(stDate);

すると、以下のように未選択状態を作ることができます。
Flex DatePicker 未選択方法
ここで注意が必要なのは、未選択状態を作るということは、リストにない日付は全て選択状態になることです。

半期と年間のカレンダーの場合、月単位に設定する必要があります。
1月を開始月とした場合、1か月目の表示時に、選択状態を作るには、
firstHolidayList
を利用します。
未選択状態を作るには
firstWeekdayList
を利用します。

2月は、2か月目の操作ということになり、選択状態を作るには、
secondHolidayList
を利用します。
未選択状態を作るには
secondWeekdayList
を利用します。

以下に、プロパティリストを記述します。(1月を開始日とした場合)
  選択状態 未選択状態 半期カレンダーで利用 年間カレンダーで利用
1月 firstHolidayList firstWeekdayList
2月 secondHolidayList secondWeekdayList
3月 thirdHolidayList thirdWeekdayList
4月 fourthHolidayList fourthWeekdayList
5月 fifthHolidayList fifthWeekdayList
6月 sixthHolidayList sixthWeekdayList
7月 seventhHolidayList seventhWeekdayList ×
8月 eightHolidayList eightWeekdayList ×
9月 ninthHolidayList ninthWeekdayList ×
10月 tenHolidayList tenWeekdayList ×
11月 elevenHolidayList elevenWeekdayList ×
12月 twelveHolidayList twelveWeekdayList ×

サンプル

月間・半期・年間カレンダーのサンプルを用意しています。こちら から参照ください。

ソース

ソースは こちら からダウンロードできます。

[注]本ツールの利用やソースの変更は自由ですが、こちらでは一切の保障ができませんので、自己責任にてお願い致します。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL