ExcelシートにExcelブックを添付(追加)する方法 ホームページ制作 | 墨田区

ExcelシートにExcelブックを添付(追加)する方法

LINEで送る
Pocket

ExcelシートにExcelブックを添付(追加)する方法のご紹介です。


ドキュメント作成していると、別 Excel で作った詳細を添付したくなります。以前、「Power Point に Excel や Word ファイルを添付する方法」をご紹介しましたが、それの Excel 版です。

ここではアイコン表示し、ダブルクリックでファイルを開く方法をご紹介します。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


Excelブックを添付(追加)する方法

ここでは Excel 2010 を使って説明しますが、Excel 2007 以降であれば、リボンの配置が同じなので手順は一緒です。

まずは「挿入」タブを選択します。
リボンから挿入タブを選択

画面右の「テキスト」グループの中から「オブジェクト」を選択します。
オブジェクトを選択

「オブジェクトの挿入」画面で「ファイルから」タブを選択して、「参照」ボタンを押下し、該当ファイルを選択します。
該当ファイルを選択

「アイコンで表示」にチェックを入れるとオブジェクトして貼り付けられます。チェックを入れないとブックの中身が表示されます。「OK」ボタンを押下すれば、貼り付けできます。
「アイコンで表示」にチェックを入れる

「リンク」にチェックを入れると、添付した Excel ブックを編集できます。

ただし注意も必要です。例えば、メールなどに添付して誰かに送る場合、相手には開けない可能性があります。同じファイルが開けるネットワーク環境下にあればいいですが、ローカル環境で作ってしまうと相手には開けません。誰かと共有する可能性がある場合には、「リンク」にチェックはしない方がいいでしょう。

ちなみに添付元ファイルと添付ファイルが同一のフォルダーにある場合、パスを省略できます。パスが邪魔でファイル名がわからない・・・なんて時に使うといいと思います。
パスを省略

まとめ

添付した Excel はオブジェクトして扱われ、 ダブルクリックで編集できます。ただし、「リンク」にチェックが入ってなければ、元ファイルは更新されません。添付した Excel ブック内にて保存されます。

せっかく直したのに元ファイルが更新されてない・・・なんて事態にならないよう注意して使ってください。(その場合はコピペで元ファイルと同期がとれるかな・・・)

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL