Excel 右クリック ミニツールバーを非表示にする方法 - VBA ホームページ制作 | 墨田区

Excel 右クリック ミニツールバーを非表示にする方法 – VBA

LINEで送る
Pocket

Excelでセルを右クリックした際に出るミニツールバーを非表示にする方法をご紹介します。
Excel 右クリック ミニツールバーを非表示にする方法

書式設定をする際、画面上部にあるリボンにマウスポインタを持っていく必要がなく、マウスの移動が少なくて済みます。しかし、実務で作成したマクロなどを動作する場合に、表示したくないケースがありましたので方法を掲載しておきます。
※ここでの環境は Excel 2010 です。
>文字選択 ミニツールバーを非表示にする方法はこちら




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


VBAで非表示にする方法

VBA で非表示にする方法です。

Application.ShowMenuFloaties = True

Application.ShowMenuFloaties に True を設定すると非表示になります。
Application.ShowMenuFloaties に False を設定すると表示されます。

該当のブックを利用時に表示させたくない場合は、
Auto_Open イベントで Application.ShowMenuFloaties = True に設定し、
Auto_Close イベントで Application.ShowMenuFloaties = False に設定します。
※一度 True を設定すると、その後設定が変わりませんのでご注意ください。

マクロを実行すると、右クリック時ミニツールバーが非表示になりました。
右クリック時ミニツールバーが非表示になった



参考サイト

Application.ShowMenuFloaties プロパティ (Excel)


>文字選択 ミニツールバーを非表示にする方法はこちら

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL