TechAcademy(テックアカデミー)の評価・評判や特徴など ホームページ制作 | 墨田区

TechAcademy(テックアカデミー)の評価・評判や特徴など

LINEで送る
Pocket

TechAcademy(テックアカデミー)は、オンライン完結型のプログラミングスクール!



どこかに通う必要はなく、自宅でプログラミングやアプリ開発を学ぶことができるのが特徴です。忙しいサラリーマンの方でも平日の夜や休日を使って学習することで、転職に有利になるスキルアップが可能です。

講師は現役のエンジニアなので、より実務に近い形で学習できます。現場で使える本当のスキルを最短で身に着けることができるでしょう。

ここでは TechAcademy(テックアカデミー)の特徴や評価・評判 などをまとめています。これからプログラミングスクールを検討している方のお役にたてればうれしいですね。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


TechAcademy(テックアカデミー)の特徴

TechAcademy(テックアカデミー)では、学習を効率的に続けられる施策が様々用意されています。下表はそれを簡単にまとめたものです。

通学なし
オンライン
学習形態個人レッスン
場所オンラインのため全国どこでも
無料体験
入会金なし
価格はじめてのプログラミングコース…79,000円/社会人、59,000円/学生
Webアプリケーションコース…129,000円/社会人、79,000円/学生
Javaエンジニアコース…59,000円(税抜)
・・・他
期間1ヶ月~
講師エンジニア
言語・ツールHTML5 / CSS3 / Sass / Bootstrap / JavaScript/jQuery / WordPress /
Ruby/Rails / PHP / SQL / Web API / Firebase / Git/GitHub / Heroku /
Swift / Java / Photoshop / Sketch

学べる言語・ツールの多さや、講師がエンジニアであること、個人レッスンというところがポイントです。なんといってもオンライン学習というところが、このスクールの最大の魅力です。学習には場所も移動も必要ないってことですかね。




パーソナルメンター制度

テックアカデミーでは、「パーソナルメンター制度」と呼ばれる学習方法を導入しています。

メンター(指導者)とのマンツーマン指導で、学習時の「わからない」や「続かない」を解消し、挫折をなくしています。メンターは専属なので、学習の目標達成までを徹底的にサポートしてくれます。

しかもこのメンター、第一線で活躍する現役エンジニアというから驚きです。ビデオチャットで質問したり、ペアプログラミングしてもらったりと、受けられるサポートは様々です。毎日8時間常時オンラインで待機してくれているので、疑問点はチャットですぐに回答をもらえます。小さなことでハマったり、困ったり、わからなかったりと、挫折しそうなことがよく起こるのがプログラミングの世界です。

困ったらすぐに聞ける先があるというのはうれしいですし、うん、これなら無理なく続けられそうです^^




受講できるコースが多い

受講できるコースも様々です。Webアプリケーションコースや、WordPressコース、Androidアプリコースなど、15種類ほどのコースががあります。

プログラミング学習で何から手をつけていいのかわからないという方であれば、はじめてのプログラミングコースなどがおすすめです。

将来のなりたい自分を想像し、コースを選択することが重要ですね。

格安料金

料金も格安に設定されており、学割もあります。学生は、社会人の6割程度の費用で受講できます。

Webアプリケーションコースであれば、社会人129,000円~、学生79,000円~で受講できます。はじめてのプログラミングコースなら、社会人79,000円~、学生59,000円~です。これはかなり格安だと思います。

料金には透明性があって、TechAcademy公式ホームページ では明確に提示されています。一度チェックしてみてください。

ちょっと高いなぁーと思われている方、月々の分割払いも利用できるので心配無用です。

社会人は月々約5,375円〜、学生は月々約3,291円〜で受講できます。この価格帯なら始められそうですね。

就職サポート

私が特に興味深いと思ったのが、Javaエンジニアコースです。

8週間でプログラミング言語 Java のスキルを習得し、IT企業への就職を目指すというものです。学習の進捗や、希望のペースに合わせて就職サポートが受けられます。

なんと、就職が決まった人には「受講料キャッシュバック制度」があります。これは就職が決まったら、受講料を全額返金してもらえるという仕組みです。東京都内の求人が主のようですが、地方から東京へ出てきて働きたいという方にはもってこいなサービスといえますね。


TechAcademy(テックアカデミー)の評判

ネットの評判を調べてみたところ、
  • サービス終了後も教材がいつまでも観れるのはうれしい。
  • メンターから質問の回答が速攻で返ってくる。
  • 学習とは関係ないことも色々聞けた。
  • 修了後は独学でもいけそうな気がした。
  • 学習期間が短かすぎる。
  • 対面の方がいいと感じた。
  • 英語のツールに抵抗ある。
などの口コミが見つかりました。

ネット上では、様々な評判・評価をされているようですね。良い評価ばかりでなく、悪い評価も散見されました。やはり対面の方がいいという声もありましたが、場所と時間を問わずカフェでも学習できたなんて口コミもありました。どちらがいいかは感じ方次第といったところでしょうか。

TechAcademy公式ホームページ にも受講生の声が載っています。こちらも参考にしてみてください。


TechAcademy(テックアカデミー) 無料体験への申し込み方法

TechAcademy(テックアカデミー)には、Webアプリケーションを作るカリキュラムを無料で体験できます。1週間の間、オンライン教材・メンターによるサポート等の学習システムを無料で体験し、更に学習したい方が本申込みをするといった流れになっています。

まずは、Windows PC もしくは Mac を用意してインターネットに接続します。スマートフォンやタブレットでは NG ですのでご注意を。

次に TechAcademy公式ホームページ へ移動し、画面右上の無料体験をクリックします。
画面右上の無料体験をクリック

画面下まで行き「無料体験を始めましょう」の欄に名前とメールアドレスを入力します。
画面下の「無料体験を始めましょう」に名前とメールアドレスを入力

「勉強を始める」ボタンを押下すれば、すぐに送信したメールアドレス宛にメールがきます。案内に従って学習システムへログインし、無料体験を開始しましょう。
TechAcademy(テックアカデミー)無料体験への申し込みはこちら

まとめ

いやー、学習するのに場所は関係ない時代になっていますねー、驚きです^^

これからプログラミングの世界へ飛び込もうと思っている方には、オンラインスクールのような手軽さは重要なのでしょう。

エンジニア職は、一般職に比べて平均年収が100万程高いというデータもあります。多少お金をかけてでもプログラミングを学ぶ価値はあると思います。

今後、AI の発達で更にエンジニア不足が加速すると思います。なぜなら AI を開発するのにはプログラミングが必要だからです。この先も需要は益々増え続けると思います。

文部科学省も2020年から小学校での「プログラミング教育の必修化」を検討すると発表しました。学校の先生が質の高いプログラミングを教えることができるのかどうかは疑問ですが、今後はプログラミングに関する知識も一般教養となってくるのでしょう。早い段階でプログラミングを学んでおく必要があるのでしょうね。

プログラミング知識をつけたい方、一度チェックしてみてください。
TechAcademy公式ホームページはこちら



おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL