Fire Alpaca インストール方法 Macにも対応のイラストツール ホームページ制作 | 墨田区

Fire Alpaca インストール方法 Macにも対応のイラストツール

LINEで送る
Pocket

FireAlpacaのインストール方法 のご紹介です。


FireAlpaca(ファイア アルパカ) ってツールをご存知ですか?FireAlpacaは200万を超えるダウンロードを記録する人気の フリーペイントツール です。WindowsでもMacでもどちらでも使えるうえ、フリーなのに世界10言語に対応するシンプルな機能と操作性で、初心者でも気軽にイラスト製作が楽しめるのが特徴です。便利な新機能も続々追加されています。

インストールしておいて損のないツールだと思います。

ここでは FireAlpaca のインストール方法と、簡単な操作説明を掲載します。これからデジタルイラストを勉強しようとか、LINEクリエイターズスタンプに挑戦しようとか考えている方のお役にたてればうれしいです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


FireAlpacaの特徴

FireAlpacaの主な特徴をご紹介します。

FireAlpacaをインストールした状態で用意されているのは、ペン・鉛筆・エアブラシ・水彩です。自分好みのペンを作ることも可能で、入り・抜きが綺麗なペンや水彩風ブラシが好評です。初心者に優しく、難しい操作は不要です。初心者、上級者にもオススメなツールとなっています。

また、Macでも使えるというのは珍しいのではないでしょうか?今までのフリーインラストツールといえば Windows 版がメインでした。しかし FireAlpaca は Mac でもフリーなんです。Windows で作ったファイルを Mac でも読み込めるという素晴らしいツールです。

イラストツールというと、遅いというイメージがありますよね。FireAlpaca は、古い PC でもサクサク動くんです。ストレスフリーでイラスト作成ができます。

漫画テンプレートも最初から用意されているのも特徴です。自分で作ると面倒なマンガ原稿テンプレートが最初から用意されています。4コマ漫画や、同人誌も簡単に作成できます。


FireAlpacaのインストール方法

それでは、インストール方法をご紹介します。今回は Windows8.1 にインストールしてみます。まずは、以下のサイトからセットアップファイルをダウンロードしましょう。
http://firealpaca.com/

「Win版 ダウンロード」ボタンを押下します。
FireAlpaca Win版ダウンロードをクリック

ダウンロードファイルを適当なフォルダーに保存しましょう。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行します。
FireAlpaca セットアップファイル

セットアップ言語は「日本語」選択のまま、OKボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール 言語選択

FireAlpaca セットアップウィザードが表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール セットアップウィザード

保存先を指定します。特に変更がなければ「次へ」ボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール先選択

スタートメニューに登録するかを聞かれます。特に変更がなければ「次へ」ボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール スタートメニュー登録

インストール先、スタートメニューの登録先に間違いがなければ「インストール」ボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール確認

インストールが終わったら「完了」ボタンをクリックします。
FireAlpacaインストール完了

デスクトップに出てきた FireAlpaca のアイコンをダブルクリックします。
FireAlpaca ショートカットをダブルクリック

インストールされたバージョンは 1.3.0 のようですね。広告は華麗にかわして「OK」ボタンをクリックしましょう。
FireAlpaca 広告

ファイルから「新規作成」をクリックして画像を作成しましょう。
FireAlpaca 新規作成

デフォルトは、幅が 1600px 高さが 1200px となっています。とりあえず「OK」ボタンを押下しましょう。
FireAlpaca デフォルトサイズ

キャンバスが出てきて何か描けそうですよね?左上を見ると、カラー設定がされています。デフォルトは黒が設定されています。好きな色をパレットから選択するか、RGB に数値を入れて色を決めます。とりあえず黒のまま描いてみましょう。
FireAlpaca カラーパレット

はい!「素敵な落書き」ができましたね!!
FireAlpacaでイラスト作成

とまぁ、画力の問題は置いておいて・・・^^;
こんな感じでイラストを作成できます。

メニューのファイルから「名前をつけて保存」をクリックします。
FireAlpaca 名前をつけて保存

ファイルの種類には「FireAlpaca」の保存形式である「.mdp」以外にも「.png」や「.jpg」などでも保存できます。
FireAlpaca 保存形式

イラストを作成した後、変更する可能性があるのであれば、一旦「.mdp」形式保存して、その後「.png」や「.jpg」で保存してもいいかもしれませんね。


まとめ

イラストを描く場合、やはりマウスでは限界があります。マウス操作が得意な方であれば別でしょうが、一般の方ではなかなか苦労するのではないでしょうか?

そんな時に便利なのが「ペンタブ」です。ペンタブは文字通り専用のペンを使ってマウスパッドのような板の上でイラストを描きます。
WACOM(ワコム)のペンタブ

写真は「ワコム WACOM CTH680/S2 ペンタブレット Intuos Mサイズ ブラック」です。
価格は17,000前後です。

ワコム Intuos Comic マンガ・イラスト制作用モデル Mサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTH-680/S3

新品価格
¥17,098から


Sサイズもあって、そっちは割安ですね。7,000円台で購入できます。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1

新品価格
¥7,636から


ペンタブは、これからデジタルイラストを勉強しようとか、LINEクリエイターズスタンプに挑戦しようとか考えている方におすすめします。


おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL