「ホームページ」と「Webサイト」の違い ホームページ制作 | 墨田区

「ホームページ」と「Webサイト」の違い

LINEで送る
Pocket

インターネット上では、「ホームページ」「Webサイト」「Webページ」と似たような用語がよく使われていますね。現在ではインターネットの普及により、全てが同じような意味合いを持つ「マジックワード」となっていますが、厳密には少し違うので簡単に説明しておきます。
※マジックワード:意味が広くて曖昧で、使う人によって様々な意味を込めて都合よく使われる言葉のことです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


「ホームページ」とは?

Webブラウザ、つまり今あなたが見ているこの画面を起動した際、最初に表示されるページのことを意味します。
Internet Explororであれば、ツールバーから、[ツール] – [インターネットオプション] の [全般] タブの一番上に、ホームページというタイトルがあります。
インターネットオプション-ホームページ
現在、Yahoo!や、MSNなどのポータルサイトをホームページに設定されている方が多いかと思いますが、これらのトップページを「ホームページに設定する」人が多かったため、Webサイトのトップページのことを「ホームページ」と呼ぶようになったと言われています。
よく「ホームに戻る」というリンクが存在しますが、その「ホーム」=「ホームページ」を指しています。

「Webサイト」と「Webページ」とは?

Webブラウザに表示される1つのページのことを「Webページ」と言い、この「Webページ」の集合体を「Webサイト」といいます。Yahoo!や楽天に見られるように、インターネット上で事業サービスを提供するページなどは、「Webサイト」という言い方をするのが一般的かもしれません。

まとめ

インターネットの普及で、これら全ての言葉が同じ用語として使われるようになりました。
個人的には「Webサイト」という言葉を仕事柄よく使っています。
IT関係のお客様でない方との打ち合わせの時などは、「ホームページ」という使い方をしています。
相手にわかる言葉で、且つニュアンスがきちんと伝わるのであれば、どちらでもよいのかと思います。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL