Eclipse.ini の設定を変更し、パフォーマンス改善しよう。 ホームページ制作 | 墨田区

Eclipse.ini の設定を変更し、パフォーマンス改善しよう。

LINEで送る
Pocket

デフォルトの eclipse.ini の設定ですと、パフォーマンスが悪くてイライラしませんか? eclipse は JavaVM 内で起動されます。JavaVM 起動時の設定を、適切してあげれば、かなりのパフォーマンス改善が期待できます。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


パフォーマンス改善

Pleiades Eclipse 4.2 の場合、デフォルトの設定は以下のようになっています。
-startup
plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.0.v20120522-1813.jar
--launcher.library
plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_1.1.200.v20120913-144807
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
--launcher.XXMaxPermSize
256M
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Dhelp.lucene.tokenizer=standard
-Xms256m
-Xmx512m
-Xverify:none
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-Xms-Xmx の値を変更します。
-Xms は、 eclipse 起動時に確保するメモリ量です。
-Xmx は、 eclipse が使用する最大のメモリ量です。

これらの値が小さいとGCが頻発します。パフォーマンスが低下するので大きめに設定しましょう。
※あまり大きな値を設定すると起動しなくなるので注意が必要です。

これをどちらも、
-Xms1024m
-Xmx1024m
として、保存してみましょう。

もし、Eclipse を起動しているようでしたら、一度閉じて、再起動してみてください。きっと起動時間から違いを実感できると思います。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL