iPhone SafariでHTMLソースを確認する方法 -View Source ホームページ制作 | 墨田区

iPhone SafariでHTMLソースを確認する方法 -View Source

LINEで送る
Pocket

iPhoneのSafariでHTMLソースを確認する方法です。

iPhone SafariでHTMLソースを確認する方法 -View Source

出先でPCがない時にどうしてもWebサイトのHTMLソースを確認しないといけない、そんな場面ありますよね。そんなことあるの?!って・・、あったんですよー。

そんな時には View Source というアプリをインストールすれば、いつでもどこでもHTMLソースを確認できます。

ここでは View SourceをインストールしてiPhoneのSafariでHTMLソースを確認する方法 を紹介します。

スポンサーリンク


View Sourceのインストール

Apple Storeから「View Source」を検索してインストールします。

Apple StoreからView Sourceを検索してインストール

View Sourceの使い方

Safariで、対象のページを開いて「共有マーク」をタップします。

iPhone Safariで対象のページを開いて共有マークをタップ

次に「その他」を選択します。

iPhone その他を選択

「View Source」のスイッチをOnにすれば、設定は完了です。

iPhoneでView SourceのスイッチをOnにする

すると「View Source」が現れるのでタップすれば・・・、

iPhoneでView Sourceをタップ

おおおー、HTMLソースが表示されたー^^

iPhoneのSafariでHTMLソースが表示された

ちなみにこちらは「Yahoo!」のHTMLソースです。意外にもHTML5でないことに驚きです。

記事の執筆は2019.06です。

まとめ

iPhoneのSafariでHTMLソースを確認する方法を紹介しました。

ソースを見て修正が必要とわかれば、誰かに指示して直してもらうこともできますからね。うーん、これは便利だ^^

ちなみに、PCサイトとスマホサイトでソースが違う場合には、一度「デスクトップ用サイトを表示」をタップした後、再度「View Source」をタップすればHTMLソースの確認ができます。

iPhoneのSafariでデスクトップ用サイトを表示をタップした後View Sourceをタップする

うまく使って不具合の早期解決を目指しましょう。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL