AirPods Proレビュー!使い方やAirPodsとの比較も ホームページ制作 | 墨田区

AirPods Proレビュー!使い方やAirPodsとの比較も

「AirPods Pro」購入レビューです。AirPods Proの使い方やAirPodsとの比較を交えながら紹介します。

AirPods Proレビュー!使い方やAirPodsとの比較も

AirPods Pro」は2019年10月30日に発売以降、大人気となり手に入れにくい状況が続いています。筆者も発売日にネットで購入したけど、届くまでに5日くらいかかった。

AirPods Pro(エアーポッズプロ)とは、アップル純正のワイヤレスイヤホンである「AirPods」の上位モデルのこと。最大の特徴は、アクティブノイズキャンセル(ANC)機能。内外の音をマイクで聞き取り、逆位相の音で打ち消すというもの。

装着してすぐに「ああ、ノイズさん、さようなら」って気分になりましたね(笑)。

ここでは AirPods Proの使用感や評価をAirPodsと比較しつつ紹介 したいと思います。

スポンサーリンク


AirPods Proの特徴

AirPods Proの最大の特徴は、アクティブノイズキャンセル(ANC)機能に対応したことです。いわゆるノイキャンですね。

AirPodsProの最大の最大の特徴はアクティブノイズキャンセル(ANC)機能に対応したこと

形状は耳栓のような形をしたカナル型イヤホン。これに伴い、内側に向けて細くなる遮音性の高いイヤーチップが採用されています。

実際、耳栓としても使えます。例えば電車の中で集中して本を読いたい、なんて時には音楽を消して使えば周囲の音は入ってきません。人の声も気にならない程度にしか入ってきません。

逆に電車のアナウンスなどの周囲の音を聞き逃したくない場合には、マイクで拾った音を透過する「外部音取り込みモード」に切り替えできます。切り替え方法は、AirPods Proの軸部分にある感圧センサーを長押しするだけ。操作がワンアクションなので、電車の乗り過ごし防止にもなります。

ノイキャンはちょっと苦手・・・、なんて人にも優しい仕様となっていますね。

装着すると、すぅぅ~っと、外部のノイズがなくなります。初めて装着したときはイヤーチップが耳に吸い付いて耳が聞こえなくなったんじゃないか、というようなそんな不思議な感覚がありました。

まさに魔法で無音の世界に引き込まれのではないか、そんな印象を受けましたね。

AirPodsProを装着した様子

AirPods Proのサイズ

気になる「AirPods Pro」の重さです。

片耳で6g。公式では5.4gです。

AirPodsPro片耳の重さ

ケースに入れた状態で58g。公式では45.6gですが、ずいぶん差があるなー。

AirPodsProケースに入れた重さ

高さ:30.9 mm、幅:21.8 mm、厚さ:24.0 mmとなっています。

AppleはAirPods Proを「新次元の軽さ」としています。装着による重みは感じませんね。

AirPods Proの耐水性

「AirPods Pro」は、耐汗耐水性能(IPX4)です。

汗や雨を気にせずに使うことができます。10分間水をかけても影響はないけど、洗濯した場合は水没するので注意が必要です。

使用後はポケットなどに入れずに、必ずケースに入れておきましょう。

AirPods Proのバッテリー

「AirPods Pro」は、1回の充電で最大4.5時間の再生ができます(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間の再生ができる)。連続通話時間も最大3.5時間可能となっています。

また、充電ケースで5分間充電すれば、約1時間の再生もしくは連続通話ができます。

AirPods Proの価格

「AirPods Proの価格」は 27,800円(税別) です。

無料で名前やイニシャル、電話番号など。好きな言葉を刻印できます。

Apple公式サイトや各ECサイト、家電量販店などで購入できます。どこでも値段に差はなく、ポイントも1%ほどしか付かない。

AirPods Proの操作方法

「AirPods Pro」は感圧センサーが軸部分にあり、ここがボタンになっています。指でつまむように押すことでカチッと反応します。

この軸部分、正式名称は「ステム」というらしいですね。

AirPodsPro感圧センサーが軸部分にある

操作はデフォルトで割り当てられています。

  • 1回押し:再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押し:次の曲にスキップ
  • 3回押し:前の曲にスキップ
  • 長押し:アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え

もちろん「Hey Siri」にも対応しています。「ヘイシリ」と話しかけると、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作ができます。

長押しの設定は「ノイズコントロール」または「Siri」へ変更できます。左右別々の操作にしておくこともできますよ。

AirPodsPro長押しの設定はノイズコントロールまたはSiriへ変更できる

長押し設定のデフォルトは,「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」のモードを切り替えですが,設定を変更すれば「オフ」モードを有効にすることもできます。

AirPodsPro長押しの設定はオフにもできる

いずれも設定のBluetoothから「AirPods Pro」の右側アイコンを選んで変更できます。

AirPodsとの比較

「AirPods Pro」と「AirPods」の重さを比較してみると、実は片方の重さがAirPods Proの方が重くなっています。公式では1.4g重い。

AirPodsの重さ

耳につけても重さは気になりませんが、公表されている「新次元の軽さ」とはなんなのかと。

AirPods Proは形状がカナル型になったことで、耳にめっちゃフィットするようになりました。密閉による不快感もありません。AirPodsやiPhoneに付属するEarPodsは、装着感こそ軽いもののフィット感は悪かった。移動時はゆるゆるで安定せず、いつもグラついている感じ。いつ落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしたものですが、そういったストレスがなくなったのはうれしいですね。

都内JR駅のホームの雑音の中でも、AirPods Proなら聞こえなくなることはありません。AirPodsは音量をメッチャ上げないと全然聞こえなかったけど、AirPods Proは問題なし。なのにアナウンスは耳に入ってくるので、ホームにいても安心です。

AirPodsの操作はタップ式でしたが、AirPods Proは軸のボタンをつまむ感じになって、操作感はあがったかな。

バッテリー持ちは最大5時間ということで両モデルに違いはなく、これまで通りの充電間隔で間に合っています。

値段は「AirPods」が 22,800円(税抜)、「AirPods Pro」が27,800円(税抜)。5,000円も高額 になりました。個人的に、もともとカナル型を期待していたので、この価格差には納得しています。

Apple AirPods Pro

新品価格
¥30,580から

まとめ

「AirPods Pro」の購入レビューを、AirPodsとの比較も交えながら紹介しました。

個人差はあると思いますが、音質はよいと思います。ノイキャン効果もあって、目をつぶればメッチャ音楽に集中できる。そう、そこはまさにライブ会場だ!

ただ、よく滑って落とすので注意が必要です。特に冬場の寒い時期には、手がかじかんで落としやすくなります。筆者も1ヶ月使って何度か落としました。

この情報がこれから「AirPods Pro」の購入を検討している方の役に立つとうれしいですね。

Apple AirPods Pro

新品価格
¥30,580から

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

え?まさか、フォローするんじゃ・・・。やめておきなされ。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL