iTunesにあるiPhone/iPadのバックアップを削除する方法

iPhone/iPadのバックアップ、ちゃんとしていますか?

iTunesにあるiPhone/iPadのバックアップを削除する方法

万が一のことを考えて、日々バックアップすることはとても大切です。しかし、iPhone/iPadのバックアップは多くのディスク容量を必要とするため、できれば不要なバックアップは削除しておきたいところです。

ここでは iTuneからバックアップを削除する方法WindowsでiTunesバックアップを探す方法 を掲載します。

Sponsored Links


iTuneからバックアップを削除する方法

iTunesを起動して右上のメニューを開くか、ALTボタンを押下して編集・設定を開きます。

iTunes設定画面を開く

デバイスタブを開くと、保存されているバックアップが一覧表示されます。削除したいバックアップを選択して「バックアップを削除」ボタンを押下します。

バックアップの一覧表示

ダイアログがでるので、「削除」ボタンをクリックします。

バックアップを削除

バックアップが削除されましたね。

バックアップが削除された

Sponsored Links

WindowsでiTunesバックアップを探す方法

削除するのはいいけど、もしもの時のために外付けHDDに保存しておきたいとか、ネットワーク上の保存場所にコピーしておきたいなんてこともありますよね。でも iTune のバックアップってどこに保存されているの??

Windows Vista、7、8、10の場合、以下のフォルダーに保存されています。

C:Users(ユーザー名)AppDataRoamingApple ComputerMobileSyncBackup

(ユーザー名)欄にはアカウント名が入ります。

「AppData」が非表示設定になっている場合は、以下の方法で開けます。

Windows 7 AppData 移動方法

左下のスタートボタンを開き、検索ボックスに「%appdata%」と入力。「Roaming」をクリック。

Windows 7 AppData 移動方法

Windows 8/8.1 AppData 移動方法

カーソルを右上に持っていき、検索をクリック。

Windows 8/8.1 検索ボックス表示

検索ボックスに「%appdata%」と入力。「Roaming」をクリック。

Windows 8/8.1 AppData 移動方法

Windows 10 AppData 移動方法

スタートボタンの横にある検索ボックスに「%appdata%」と入力。検索結果をクリック。

Windows 10 AppData 移動方法

まとめ

繰り返しになりますが、iPhone/iPadのバックアップはとても大切です。機械が壊れてもバックアップがあれば新しい機種にそのまま戻すことができます。ついつい忘れがちですが、万が一のことを考えてできるだけバックアップしましょう。

ただ、バックアップから戻したiPhone/iPadのアプリから不正アクセスされるなんて噂もありますから、バックアップして安心ではなく、きちんと管理したいところですね。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links