[Error: Could not the Java Virtual Machine]エラーの解決方法 ホームページ制作 | 墨田区

[Error: Could not the Java Virtual Machine]エラーの解決方法

LINEで送る
Pocket

ある日、Eclipse を起動すると突然、
Could not the Java Virtual Machine エラーが発生

「Error: Could not the Java Virtual Machine.」
「Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.」


のエラーが発生して Eclipse が起動しなくなりました。

「むむむ、これでは仕事にならんではないかーい!」

と、いうことがありましたので、エラーの解決方法を掲載しておきます。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


解決方法

エラーメッセージの文面のとおり、
「エラー:Java 仮想マシンではありませんでした。」
「エラー:致命的な例外が発生しました。プログラムは終了します。」(直訳)


そう、Java Virtual Machine (Java VM) が見つからないことによるエラーです。
[Failed to create the Java Virtual Machine]エラーで起動しない場合の解決方法 – Eclipse
以前、こちらでご紹介した内容と同じ方法で解決できます。

Eclipse インストールディレクトリの eclipse.ini ファイルを開きます。
「-vmargs」オプションの前に

-vm "Eclipse 起動時に使用する Java VM"

を追加しましょう。
具体的にはこんな感じです。

-vm
C:/Eclipse/4.2/java/7/bin/javaw.exe

変更したら念のため eclipse.exe -clean.cmd を実行して起動しましょう。
Eclipse が起動すると思います。


せっかく eclipse.ini を開かれたのですから、Eclipse.ini の設定を変更し、パフォーマンス改善も参考にして Eclipse の起動を早くしてみてください。
劇的な変化がありますよ。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL