Windows11 ペイントのショートカットを作る mspaint.exeの場所はここだ

Windows11でペイントのショートカットを作る方法とmspaint.exeの場所です。

Windows11 ペイントのショートカットを作る mspaint.exeの場所はここだ

Windows10まではペイントアプリは「C:\Windows\System32」の下に「mspaint.exe」があり、これを起動することで利用できた。ショートカットを作る際も、作りたい場所で右クリックからショートカットの作成で、「C:\Windows\System32\mspaint.exe」と入力すれば可能だった。

ところが、Windows11からはそれができなくなっている。スタートメニューから右クリックしても、ファイルの場所を探すこともできなくなっており、デスクトップにショートカットを作ることができなくなった。

Windows11はスタートメニューからペイントのファイルの場所を探すことができない

タスクバーにピン止めすればいいじゃん、って声が聞こえてきそうだが、このページを見ている方は、なんとしてもショートカットを作りたいという気概のある方だと思う。なので筆者は頑張って方法を模索したのだ。

結果、様々な困難の末、ペイントのショートカットを作ることに成功したw

ここでは Windows11でペイントのショートカットを作る方法 を紹介します。

Sponsored Links


検証環境

筆者のWindows11環境はこうです。

  • エディション:Windows 11 Pro
  • バージョン:22H2
  • OSビルド:22621.674
  • システムの種類:64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ

検証環境を書いたのは、バージョンによって変化があるかもしれないので。

Sponsored Links

Windows11のmspaint.exeの場所

まずは、Windows11でmspaint.exeがどこにあるのか、その場所を知らないことには始まらない。

フォルダ内の検索を繰り返したところ、下記の場所にあることをがわかった。

C:\Program Files\WindowsApps\microsoft.paint_11.2208.6.0_x64__8wekyb3d8bbwe\PaintApp

mspaint.exeのある場所

まさかの「Program Files」の下だとは・・・。

ちなみに「WindowsApps」へは隠しフォルダのため、通常アクセスすることはできない。アクセスしても、下図のようなエラーメッセージが出る。

WindowsAppsへは通常アクセスすることはできない

フォルダのプロパティから、セキュリティの設定を変えることでアクセスできるが、ここではやり方は割愛する。

知りたい方はコメントをもらえれば追記を書きます。

Windows11でペイントのショートカットを作る

mspaint.exeの場所がわかれば後は簡単だ。ショートカットの作成から、下記の場所をコピペすればいい。

C:\Program Files\WindowsApps\microsoft.paint_11.2208.6.0_x64__8wekyb3d8bbwe\PaintApp\mspaint.exe

ショートカットの作成からペイントのショートカットを作る

名前にペイントとつければ、出来上がり!!

ペイントのショートカット

ふむふむ、いい感じだ。

Sponsored Links

まとめ

Windows11でペイントのショートカットを作る方法を紹介しました。

まさか、ペイントのショートカットを作るだけでこんなに苦労するとは。Windows11やるなー。

まだ使い始めたばかりのWindows11。ほかにもWindows10との差があったら記事にしていきます。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links