CSSとjQueryでtableタグのtr要素を表示・非表示(display)にする方法

CSSとjQueryでtableタグのtr要素を表示・非表示(display)にする方法です。

CSSとjQueryでtableタグのtr要素を表示・非表示(display)にする方法

divなどの通常要素では、displayプロパティを「none」や「block」にして操作しますが、tr要素では「block」ではなく「table-row」を使います。

これ、結構な確率で間違える。

ここでは CSSとjQueryでtableタグのtr要素を表示・非表示(display)にする方法 を紹介します。

Sponsored Links


tr要素を表示・非表示にする

tr要素を表示するには「block」ではなく「table-row」を使います。

例えばこんなコードがあったとします。

<table class="table table-bordered">
  <thead>
    <tr><th>やさい</th><th>くだもの</th></tr>
  </thead>
  <tbody>
    <tr class="tr1"><td>とまと</td><td>いちご</td></tr>
    <tr class="tr2"><td>なす</td><td>りんご</td></tr>
  </tbody>
</table>
<script>
$(function(){
  $('.btn').click(function(){
    if($('.tr1').css('display') == 'none')
      $('.tr1').css({'display':'block'});// ←NG。display:table-rowを使おう。
    else
      $('.tr1').hide();
  })
})
</script>

このコードは予想通りの動きになりません。このようにレイアウトが崩れます。

tableタグのtrをdisplay:blockすると壊れる

こうしてあげればOKです。

$('.tr1').css({'display':table-row'});

tableタグのtrをdisplay:table-rowすれば想定通りになる

ふむふむ、いい感じですね。

Sponsored Links

まとめ

CSSとjQueryでtableタグのtr要素を表示・非表示(display)にする方法を紹介しました。

tr要素の表示・非表示を切り替えるなんて、めったにやらないんで忘れがちです。

もし忘れたら、またこのページを訪れてくださいね。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links