Java 日付型のタイムゾーンがGMT(-9時間)になってしまう不具合の解決方法 - Date, Calendar ホームページ制作 | 墨田区

Java 日付型のタイムゾーンがGMT(-9時間)になってしまう不具合の解決方法 – Date, Calendar

LINEで送る
Pocket

Windows Vista 以降の OS で、以下の JDK を使用した場合、タイムゾーンが GMT(-9時間) となってしまい、Date クラスや Calendar クラスの日付が全て GMT 時間で扱われてしまいます。この場合の解決方法をご紹介します。

[注]Windows 以外の OS は、問題ありません。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


対象JDK

JDK 1.4、1.5 を利用している場合は注意してください。

  • ~ JDK 1.4.2_13
  • ~ JDK 1.5.0_09

テスト

2014/4/7 15:30 に実行

System.out.println(“java.util.Date:” + new Date());

結果

-9時間になっている!

java.util.Date:Mon Apr 07 06:30:31 GMT 2014

解決方法

環境変数「JAVA_OPTS」や「CATALINA_OPTS」に、
「-Duser.timezone=Asia/Tokyo」
を設定すれば解決できます。

環境変数 JAVA_OPT Timezone

Eclipse を利用している場合は、「ウィンドウ」→「設定」 のツリーで「Tomcat」→「JVM 設定」を選択し、JVM パラメータに
「-Duser.timezone=Asia/Tokyo」
を設定すれば解決できます。

Eclipse設定 Timezone

ふぅー、よかったよかった。いきなり時間が変わっていたりすると焦りますよねぇ・・^^;
でもこの設定を利用すれば大丈夫です。
開発するアプリケーションの方も、できるだけ最新のバージョンにアップデートしていけるように対応しましょうね。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL