Custom UI Editor Tool インストール方法 - Office ホームページ制作 | 墨田区

Custom UI Editor Tool インストール方法 – Office

LINEで送る
Pocket

Office の リボンのカスタマイズ には欠かせないツール、
それが「Custom UI Editor Tool」です!
Office 2007以降、メニューバーやツールバーは「リボン」という名前になりました。
リボンUIはXMLベースで作られており、ある程度自分でカスタマイズすることができます。
今回は、この Custom UI Editor Tool のインストール方法をご紹介します。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


ダウンロード

まずは、こちらのサイトから、「Custom UI Editor Tool」をダウンロードします。
・Custom UI Editor Tool – OpenXML Developer – Blog – OpenXML Developer
http://openxmldeveloper.org/blog/b/openxmldeveloper/archive/2006/05/26/customuieditor.aspx

リンク先の中央辺りに OfficeCustomUIEditorSetup.zip というリンクがあります。
ここをクリックします。
Custom UI Editor ダウンロードサイト

適当な場所にダウンロードし、zipファイルを解凍します。
>圧縮・解凍に便利なツールはこちら
Custom UI Editor 圧縮ファイル

解凍すると OfficeCustomUIEditorSetup.msi というファイルができます。
Custom UI Editor Setupファイル


インストール

OfficeCustomUIEditorSetup.msi というファイルをダブルクリックすると、
インストーラーが起動します。
「I Agree(同意する)」を選択し、「Next」ボタンを押下します。
Custom UI Editor インストール 同意画面

Copyright に関する注意書きが出てきますが、こちらも「Next」ボタンを押下します。
Custom UI Editor インストール 注意画面

インストール先を選択し、「Next」ボタンを押下します。
Custom UI Editor インストール先選択画面

こちらも「Next」ボタンを押下します。
押下すると、インストールが始まります。
Custom UI Editor インストール開始画面

おお、インストールが始まりましたね。
Custom UI Editor インストール中画面

インストールが終わったら、「Close」ボタンを押下します。
Custom UI Editor インストール完了画面

デスクトップに Custom UI Editor For Microsoft Office というショートカットアイコンが出来ますので、こちらをダブルクリックして Cusom UI Editor を起動します。
Custom UI Editor ショートカットアイコン

無事、起動できればインストールは完了です。
Custom UI Editor 起動画面



おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL