Excel シート保護が解除できない(グレーアウトしている)場合の解決方法 ホームページ制作 | 墨田区

Excel シート保護が解除できない(グレーアウトしている)場合の解決方法

LINEで送る
Pocket

シートの保護解除ボタンがグレーアウトしている「Excel シートに保護をかけたのに解除できない!」もしくは、「保護がかかっているExcel ファイルを修正することになったが解除できなくなっている!!」など、実務で多用される Excel には様々な問題が発生します。
今回のケースは、シートの保護解除ボタンがグレーアウトしてて利用できず、「保護の解除が出来ない!」という方のために解決方法を掲載します。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・



ブックの共有を確認

まず、重要なのが、そのファイルに[共有]がかかっているか否かです。
誰かとブックの共有をしていると、シートの保護を解除することができません。
こちらは、タイトルを見ることで確認できます。

ファイル共有されている
もし、[共有]とされているようでしたら、これを解除する必要があります。

ブックの共有を解除

「ブックの共有」ボタンを開き、「現在このブックを開いているユーザー」を確認します。

誰かとブックを共有しているか
自分だけになっていればよいですが、なっていなければ誰かが開いている可能性がありますので、
一度編集作業を停止し、ブックを保存します。

その後、「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」のチェックを外します。

チェックを外す
メッセージが表示されますが、ここは「はい」を押下します。

ブックの保護解除メッセージ
これで、[共有]という文字がなくなり、「シート保護の解除」ボタンが利用できるようになりましたね!

[共有]という文字がなくなり、「シートの保護の解除」ボタンが利用できるようになる
あとは、解除パスワードを入れ、任意の修正をおこないます。

その後、改めて「シートの保護」をおこない、ブックの共有をおこなってください。
これを忘れると、せっかく修正したのにみんなで[共有]できなくなりますので。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL