VBA オートフィルを無効にする方法 Excel ホームページ制作 | 墨田区

VBA オートフィルを無効にする方法 Excel

LINEで送る
Pocket

VBAでオートフィルを無効にする方法 のご紹介です。
Excel オートフィル機能 オートフィルとは、フィルハンドルを操作して、選択された入力データに対し、先頭からの連続データを作ることです。しかし、実務で作成したマクロなどを動作する場合に、オートフィルを無効にしたいケースがありましたので方法を掲載しておきます。
※正確には、VBAでフィルハンドルを利用できないようにする方法です。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・



VBAでオートフィルを無効にするサンプルソース

VBAでオートフィルを無効には CellDragAndDrop の値を変更します。
CellDragAndDrop は、セルのドラッグ アンド ドロップ編集を行うことができます。

Application.CellDragAndDrop = False

Application.CellDragAndDrop に False を設定するとフィルハンドルが無効になります。
Application.CellDragAndDrop に True を設定するとフィルハンドルが有効になります。

該当のブックを利用時にフィルハンドルを無効にする場合は、
Auto_Open イベントで Application.CellDragAndDrop = False に設定し、
Auto_Close イベントで Application.CellDragAndDrop = True に設定します。
※一度 False を設定すると、その後設定が変わりませんのでご注意ください。

具体的にはこう記述します。

Sub Auto_Open()
  Application.CellDragAndDrop = False
End Sub
Sub Auto_Close()
  Application.CellDragAndDrop = True
End Sub

ブックを再度開くと、フィルハンドルが無効になりました。
Excel フィルハンドルが無効になった


参考サイト

Application.CellDragAndDrop プロパティ (Excel)


おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL