Google Chrome cが読み込まれない場合の対処方法 ホームページ制作 | 墨田区

Google Chrome jsファイルが読み込まれない場合の対処方法

Google Chromeでjsファイルが読み込まれない場合の対処方法です。

Google Chrome jsファイルが読み込まれない場合の対処方法

普段、FireFoxを使って開発しているんだけど、検証にはIEやMS EdgeやChromeなんかのブラウザで動作確認しています。

そんでJsファイルを新たに追加すると、Chromeが高い確率でjsファイルを読んでくれない。正直焦る。他のブラウザは動くから不具合ではないんだろうけど、何が原因かわからなくなって更に焦ると。しかも直接HTMLにJavascriptを書けば動くし。

文字コードが云々とか、キャッシュが云々なんてこともあるかもだけど、localhostでは考えにくいですよね。

ここでは Google Chromeでjsファイルが読み込まれない場合の対処方法 を紹介します。

スポンサーリンク


ChromeのCookieを削除する

結論、ChromeのCookieを削除すればjsファイルを読み込みます。はい、そうです。たったこれだけなんです。

ChromeのCookieの削除方法は、ブラウザ右上のメニューから「設定」をクリックします。

Chrome右上のメニューから設定をクリック

左側の設定メニューから「詳細設定」をクリックして、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

プライバシーとセキュリティをクリック

少し下がって、「閲覧履歴データの削除」をクリックします。

閲覧履歴データの削除をクリック

「Cookie と他のサイトデータ」にチェックが入っていることを確認して、「データを削除」ボタンをクリックします。

Cookie と他のサイトデータにチェック

これでjsファイルを読み込んでくれるはずです。

まとめ

Google Chrome jsファイルが読み込まれない場合の対処方法を紹介しました。

なんでChromeだけjsファイルを読み込まなくなるのかはわかりません。他のブラウザでは発生したこともありません。

ご存知の方がいらっしゃればコメントお願いします。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

プログラミングに関することを中心にアウトプットしています。気軽にフォローしてくださいね。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL