Chrome 68リリースで常時SSL化は必須となる! ホームページ制作 | 墨田区

Chrome 68リリースで常時SSL化は必須となる!

LINEで送る
Pocket

GoogleのWebブラウザの新バージョン「Chrome 68」が、いよいよ2018年7月24日にリリースされます。これにより Google Chrome ブラウザで警告が表示されます。常時SSL化してユーザー離脱を防ぎましょう!
Chrome 68リリースで常時SSL化は必須となる!





【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


本件、Web業界内では大きな話題となっていますねー。なぜかというと「Chrome68」からSSLを導入していない全ページに警告が表示されるようになるからです。SSLによる暗号化された通信でのアクセスは、URLの先頭が「https://~」から始まります。「Chrome68」からは「https://~」ではない通常の「http://~」でのアクセスは、すべて「保護されていません」という警告がブラウザのアドレス欄の先頭に表示される仕様となるからです。
Chrome68からhttpアクセスには保護されていませんが表示される

常時SSL化に対応されていると、緑色の鍵マークが表示されます。当サイトは、もちろん常時SSL化に対応されています。
保護された緑色の鍵マーク

ここ最近Webブラウジングしていると、個人・法人問わず多くのサイトで「常時SSL化」に対応されてきているように感じます。しかしながら、まだまだ常時SSL化されていないサイトも多いようですね。これはWebサイトのイメージとしては、かなり印象が悪いです。ユーザーが「保護されてない=危険」という意識を持ってしまえば、サイト離脱してしまう可能性が高まります。そしてセキュリティを理由に離脱すれば、二度と訪れてはくれないでしょう。

まだ未対応のWebサイトは、「常時SSL化」を推し進めるGoogleさんに逆らわず、積極的に常時SSL化へ向けて舵を切りましょう。

とはいえ鍵マークがついていたとしても、必ずしも安全とはいえないという別の問題があることも認識しておかなければなりません。緑の鍵マークが「安全なサイト」のひとつの目安として捉えておくといいと思います。

これからも当サイトはユーザー目線のサイト運営をしていきたいと思います。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL