Custom UI Editor Tool インストール方法 - Office ホームページ制作 | 墨田区

Custom UI Editor Tool インストール方法と使い方 - Office

LINEで送る
Pocket

Custom UI Editor Tool インストール方法と使い方です。

Custom UI Editor Tool インストール方法と使い方 - Office

Office の リボンのカスタマイズ には欠かせないツール、それが「Custom UI Editor Tool」です!

Office 2007以降、メニューバーやツールバーは「リボン」という名前になりました。

リボンUIはXMLベースで作られており、ある程度自分でカスタマイズすることができます。

今回は Custom UI Editor Toolのインストール方法と使い方 を紹介します。

スポンサーリンク


ツールの特徴

まずはツールの特徴を抑えておきましょう。Custom UI Editor Toolは、ソースがGitHubに公開されました。サイトには下記のコメントが記載されています。

The Office Custom UI Editor is a standalone tool to edit the Custom UI part of Office open document file format. It contains both Office 2007 and Office 2010 custom UI schemas.

The Office 2010 custom UI schema is the latest schema and it's still being used in the latest versions of Office including Office 2013, Office 2016 and Office 365.

==以下和訳==

Office Custom UI Editorは、Officeオープンドキュメントファイル形式のCustom UI部分を編集するためのスタンドアロンツールです。

Office 2007とOffice 2010の両方のCustom UI スキーマが含まれています。Office 2010 Custom UI スキーマは、最新のスキーマで、Office 2013、Office 2016、およびOffice 365を含む最新バージョンのOfficeで引き続き使用されています。

https://github.com/OfficeDev/office-custom-ui-editor

ふむふむ、この記事執筆時点でサポートされているOffice 2013、Office 2016、およびOffice 365では利用できるってことですね。

GitHubに公開されたことで、よりツールの理解が深まりました^^

ダウンロード

下記のURLへアクセスし「Clone or download」をクリックして「Download ZIP」をクリックします。

https://github.com/OfficeDev/office-custom-ui-editor

Clone or downloadからDownload ZIPをクリック

ダウンロードしたZIPファイルを任意のフォルダに解凍します。

Custom UI Editor Tool  ダウンロードしたZIPファイルを任意のフォルダに解凍

インストール

「publish」フォルダを開いて setup.exe をクリックします。

publishフォルダを開いてsetup.exeをクリック

セキュリティ警告が出たら、インストールをクリックします。

セキュリティ警告が出たらインストールをクリック

インストールできればOKですが、失敗した場合は次の手順を試してください。

Custom UI Editor Tool インストール失敗

インストールが失敗した場合

エラーログを見てみると「ファイル Custom OutSpace.xml は、マニフェストで指定されているものとは異なる処理されたハッシュを持っています。」となっています。

むむむ、インストーラの不具合じゃないのか、これ!

とりあえずディレクトリを見渡すと実行ファイルは存在しているっぽいので、手動でCustom UI Editorを実行できるようにしてみましょう。

まず「publish/Application Files/CustomUIEditor_4_0_0_0」へ移動します。

CustomUIEditor_4_0_0_0へ移動

「.deploy」という拡張子が付いたファイルを「.deploy」なしのファイル名に変更します。

変更前変更後
CustomUIEditor.exe.config.deployCustomUIEditor.exe.config
CustomUIEditor.exe.deployCustomUIEditor.exe
CustomUIEditor.ico.deployCustomUIEditor.ico

こんな感じになります。

.deployなしのファイル名に変更

次に「publish/Application Files/CustomUIEditor_4_0_0_0/Samples」へ移動します。

CustomUIEditor_4_0_0_0のSamplesへ移動

同じく「.deploy」という拡張子が付いたファイルを「.deploy」なしのファイル名に変更します。

変更前変更後
Custom OutSpace.xml.deployCustom OutSpace.xml
Custom Tab.xml.deployCustom Tab.xml
Excel - A Custom Tab.xml.deployExcel - A Custom Tab.xml
Repurpose.xml.deployRepurpose.xml
Word - Group on Insert Tab.xml.deployWord - Group on Insert Tab.xml

こんな感じになります。

Samples内の.deployなしのファイル名に変更

最後に「publish/Application Files/CustomUIEditor_4_0_0_0/Schemas」へ移動します。

CustomUIEditor_4_0_0_0のSchemasへ移動

こちらも同じく「.deploy」という拡張子が付いたファイルを「.deploy」なしのファイル名に変更します。

変更前変更後
CustomUI.xsd.deployCustomUI.xsd
CustomUI14.xsd.deployCustomUI14.xsd

こんな感じになります。

Schemas内の.deployなしのファイル名に変更

再び「publish/Application Files/CustomUIEditor_4_0_0_0」へ移動し、CustomUIEditor.exe を実行します。

再びCustomUIEditor_4_0_0_0へ移動

すると・・・、

Custom UI Editor Toolが起動した

おおおー、起動したー^^

Version 4.0.6418.26615

Custom UI Editor Tool Version 4.0.6418.26615

使い方

メニューの「Open」からリボンを編集したいExcelブックを開き、右クリックして「Office 2010 Custom UI Part」をクリックします。

Office 2010 Custom UI Partをクリック

リボンをカスタマイズするコードを書きます。

リボンをカスタマイズするコードを書くリボンをカスタマイズするコードを書く

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <tabs>
      <tab id="hp" visible="true" label="Home">
        <group id="GroupHp" insertBeforeMso="GroupFont" label="HP制作">
            <button id="saka" label="サカエン" imageMso="HappyFace" size="large" onAction="HelloWorld" /> 
        </group>
      </tab>
    </tabs>
  </ribbon>
</customUI>

「Save」ボタンで保存してファイルを開けば・・・、

Saveボタンで保存してファイルを開く

おおおー、リボンが変更されたー^^

まとめ

Custom UI Editor Tool インストール方法と使い方を紹介しました。

GitHub公開以降、XMLに日本語を含めると文字化けしていたのですが、それも解消したようですね。

Custom UI Editor Tool のGitHubサイト下部にあるリンクから開発者向けのドキュメントを参照できます。

代り映えしないリボンをカスタマイズしたり、業務用にカスタマイズしたりと、いろいろ試してベストなオリジナルリボンを作ってみてください。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL