Excel マクロ/VBA画面の表示方法(開発タブ) Excel 2019 2016 2013 2010 2007 ホームページ制作 | 墨田区

Excel マクロ/VBA画面の表示方法(開発タブ) Excel 2019 2016 2013 2010 2007

LINEで送る
Pocket

Excelで開発タブ(マクロ・VBA画面)を表示する方法です。

Excelで開発タブ(マクロ・VBA画面)を表示する方法

Excel 2003 を使っていた方、もしくは、それ以前のバージョンを使っていた方、Office のバージョンを 2007 や 2010 以降にアップグレードした後、「どうやってマクロを使えばいいのかわからなーい!」、「そもそも VBA の画面をどうやって出したらいいのかわからなーい!」なんてことになっていませんか?

Excel 2007以降、マクロを作成するための「開発」タブは初期表示されていません。自分で設定を変更して表示させるようにする必要があります。

ここでは Excelで開発タブ(マクロ・VBA画面)を表示する方法 を紹介します。

スポンサーリンク


対象Excel

Excel 2007, Excel 2010, Excel 2013, Excel 2016, Excel 2019

Excel 2007

Excel 2007での開発タブ表示手順です。

1.Excel のオプションを表示する

左上の Microsoft Office ボタン をクリックし、[Excel のオプション]をクリックします。

Excel 2007 Excelオプション

2.[開発] タブをリボンに表示する チェックする

基本設定をクリックし、[開発]タブをリボンに表示するチェックをオンにします。

Excel2007 開発タブをリボンに表示する

Excel 2010,2013,2016,2019

Excel 2010以降の開発タブ表示手順です。

1.リボンのユーザ設定を選択する

どこでもいいので、リボンを右クリックしてください。すると、下図のようなメニューが出てきます。「リボンのユーザー設定」をクリックします。

Excel リボンのユーザー設定

2. Excel オプション画面左の「リボンのユーザ設定」を選択する

Excel オプション画面が出ますので、左側メニューから「リボンのユーザ設定」を選択します。

Excel オプション画面左のリボンのユーザ設定

3. Excel オプション画面右の「メインタブ」にて「開発」チェックを入れる

Excel オプション画面の右に、「メインタブ」が表示されます。ここに「開発」という部分にチェックがを入れます。デフォルトでは、チェックが入っていません。

Excel リボンのユーザー設定メインタブ

「OK」ボタンを押下すると「開発」タブが表示されます。

Excel 開発タブ

「Visual Basic」ボタンを押下すれば「VBA」の開発画面が開きますし、「マクロ」ボタンを押下すればマクロを実行できます。

まとめ

Excelで開発タブ(マクロ・VBA画面)を表示する方法を紹介しました。

Office 2007 以降、ツールバーの様子がすっかり様変わりしてしまいました。慣れれなどうってことないのですが、最初の頃は戸惑うことが多いです。がんばって慣れましょうね。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL