Officeリボンに独自画像(png/bmpなど)を設定する方法 ホームページ制作 | 墨田区

Officeリボンに独自画像(png/bmpなど)を設定する方法

LINEで送る
Pocket

Officeリボンに独自画像を設定する方法です。

Officeリボンに独自画像(png/bmpなど)を設定する方法

Officeリボンをカスタマイズできることは以前「Office Excel リボン非表示 カスタマイズ方法」で紹介したとおりです。

独自ボタンをつけた時にimageMsoであらかじめ用意されているアイコンを設定できるのですが、独自画像(bmp)を設定したいというコメントをいただいたので、ここに手順を書いておきます。

今回は先方の要望により編集作業には「Office Ribbon Editor」を使います。ただ、こちらはすでにサポートが切れていますので「Custom UI Editor Tool」などを利用することをおすすめします。


スポンサーリンク


リボンに独自画像を設定する

まず、画像を用意します。サイズは32x32で作ります。ここではimage.pngとして保存しました。もちろんbmpファイルでもOKです。

Officeリボンに独自画像には32x32の画像を用意

Office Ribbon Editorを開き、右側のDocument Explorerを右クリックして、Add Custom UIからOffice2010をクリックします。

Office Ribbon Editor Add Custom UIからOffice2010をクリック

次に、同じく右側のDocument Explorerを右クリックしてImport image(s) into documentをクリックし、作った画像を選択します。

Office Ribbon Editor Import image(s) into documentをクリック

次に、インポートされた画像を右クリックし、Assign image toから、RibbonX14を選択します。

Office Ribbon Editor Assign image toから、RibbonX14を選択

すると、下図のように、作った画像が扱えるようになります。

Office Ribbon Editor 作った画像が扱えるようになる

あとはRibbonX14にxmlを書いていけばOKです。とりあえずこんな感じで書きました。

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <tabs>
      <tab id="hp" visible="true" label="Home">
        <group id="GroupHp" insertBeforeMso="GroupFont" label="HP制作">
            <button id="saka" label="サカエン" image="image" size="large" onAction="HelloWorld" /> 
        </group>
      </tab>
    </tabs>
  </ribbon>
</customUI>

通常であれば、imageMso="HappyFace"のように記述しますが、独自画像を設定する場合はimage="インポートした画像(拡張子不要)"のように記述します。

保存してExcelブックを開いてみれば・・、

Office Ribbon Editor xml記述後に保存してExcelブックを開く

おおお、リボンに独自画像が設定されたー^^

まとめ

今回はOffice Ribbon Editorを使って作成しましたが、もちろんCustom UI Editor Toolでも同じことができます。

代り映えしないOfficeリボンに、オシャレな独自画像を設定して、快適なExcelライフを楽しんでください。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL