Outlookで署名データを移行する方法

Outlookで署名データを移行する方法です。

Outlookで署名データを移行する方法

Outlookの署名のデータは、Outlookデータファイルである「.pst ファイル」には保存されておらず、独自の形式で別の場所に保存されています。そのためメールデータとは別に移行が必要となります。

1つの署名なら過去のメールから署名をコピーして新たに作ってもいいのですが、複数の署名を作っていると若干面倒ですね。

めんどくさがり屋の私は1つでも作りたくありませんけど^^;

そんなわけで Outlookで署名データを移行する方法 を紹介します。

Sponsored Links


Outlook署名データ移行方法

今回はOutlook 2016で、Windows7からWindows10への移行方法となります。

Windows10からWindows10への移行も同じですのでご心配なく。

まずはエクスプローラーを開き「表示」タブをクリックします。

エクスプローラーから表示をクリック

次に、右側の「表示/非表示」欄から「隠しファイル」にチェックを入れいます。

隠しファイルにチェック

下記のパスへ移動します。

C:/Users(ユーザーID)/AppData/Roaming/Microsoft/Signatures

「署名の名前.file」というフォルダと、3つのファイル(.htm、.rtf、txt)が出てきます。

Outlook署名ファイルのコピー

これを丸ごと新PCの同じパスへコピーすればOKです。

新PCのOutlookで署名を開けば・・・、

Outlookの署名が移行された

おおお、移行されてるー^^

Sponsored Links

まとめ

Outlookで署名データを移行する方法を紹介しました。

Outlookで署名データを移行するには、基本ファイルコピーだけでOKです。Outlookが起動していても即座に反映しました。意外と簡単でよかったよかった。

Outlookの署名をコピーしたい人がどれほどいるのかわかりませんが、誰かの役にたてばうれしいですね。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links