SVN(Subversion)サーバを構築してソース管理する方法 ホームページ制作 | 墨田区

SVN(Subversion)サーバを構築してソース管理する方法

SVN(Subversion)サーバを構築してソース管理する方法です。

SVN(Subversion)サーバを構築してソース管理する方<br />
法

SVNは、複数の開発者が共同で一つのソフトウェアを開発する際にソースやドキュメントを管理するのに使われるソース管理ツールです。

ここでは SVN(Subversion)サーバを構築してソース管理する方法 を紹介します。

スポンサーリンク


SVN [ Subversion ]とは

Subversion は、フリーのオープンソースバージョン管理システムです。

複数の開発者が共同で一つのソフトウェアを開発する際などに、ソースやドキュメントを管理するのに多く用いられます。

Eclipse などの統合開発環境 (IDE) に組み込んで利用できるプラグインなども開発・公開されていています。

CVS (Concurrent Versions System) を参考に開発されているため、基本コマンドはCVSと共通になっているのも特徴です。

また、ssh を標準サポートしており、インターネット上でも安全にファイルのやりとりができます。

まずは、インストールして使ってみましょう。どうせフリーだし。

Apache2.2.x をダウンロード

以下のサイトから Apache をダウンロードします。

http://httpd.apache.org/download.cgi#apache22

ここでは「httpd-2.2.15-win32-x86-openssl-0.9.8m-r2.msi」をダウンロードしています。

Apache2.2.x をインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行します。

すると、以下のような画面が表示されますので、[Next] ボタンを押下します。

Apacheインストール

[ I accept the terms in the license agreement.(使用許諾契約の条項に同意します) ] を選択し、[Next] ボタンを押下します。

Apacheインストール I accept the terms in the license agreement.を選択

ここも、[Next] ボタンを押下します。

Apacheインストール Nextボタン押下

ここでは、以下の要領に沿って入力してください。

Apacheインストール 重要な入力項目

Network Domain : IPアドレス、もしくはドメイン
Server Name : IPアドレス、もしくはドメイン
Administrator's Email Address : 管理者用メールアドレス
各項目とも必須入力です。

通常は、[ for All Users, on Port 80, as a Server --Recommended.(全ユーザでポート80で使用する場合) ] を選択しますが、環境によって、[ only for the Current User, on Port 8080, when started Manually.(カレントユーザでポート8080で手動起動する場合) ] を選択してください。入力完了後、[Next] ボタンを押下します。

下図では[ Typical ] を選択し、[Next] ボタンを押下します。

Apacheインストール Typicalを選択

インストールディレクトリを選択し、[Next] ボタンを押下します。

デフォルトは、[ C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\ ] です。

Apacheインストール インストールディレクトリを指定

[ Install ] ボタンを押下します。

Apacheインストール Installボタンを押下

おお、インストールが始まりましたね。

Apacheインストール開始

以下の画面が表示されればインストールは完了です。[ Finish ] ボタンを押下してください。

Apacheインストール完了

Apache 以外のサービスが動いていると動作しない場合があります。
・IIS をインストールしている場合は、IIS Admin のサービスを停止してください。
・Oracle HTTP Server をインストールしている場合は、OracleHTTPServer のサービスを停止してください。
いづれも不可能な場合は、Apache Port 番号の変更をおこなってください。

Subversion をダウンロード

以下のサイトから Subversion をダウンロードします。

https://sourceforge.jp/projects/freshmeat_subversion/releases/

ここでは「Setup-Subversion-1.6.5.msi」をダウンロードしています。

Subversion をインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行します。すると、以下のような画面が表示されますので、[Next] ボタンを押下します。

Subversionインストール

ここも、[Next] ボタンを押下します。

Subversionインストール Nextボタン押下

インストールディレクトリを選択し、[Next] ボタンを押下します。

デフォルトは、[ C:\Program Files\Subversion\ ] です。

Subversionインストール インストールディレクトリ

[ Install ] ボタンを押下します。

Subversionインストール Installボタン押下

おおおお、インストールが始まりましたね。

Subversionインストール開始

以下の画面が表示されればインストールは完了です。[ Finish ] ボタンを押下してください。

Subversionインストール完了

設定方法

インストールが終わったら、Subversion を使えるように設定しましょう。

コマンドプロンプトを開いてください。

1. Subversion の設定

まず、リポジトリ(Subversion でソース管理したいの場所のこと)のディレクトリを作成します。

mkdir C:\Repository

次に、テストプロジェクト [ hoge ] を作成します。

svnadmin create c:\Repository\hoge

これで Subversion の設定はおしまいです。

2. Apache の httpd.conf 編集

APACHE_HOME\conf\httpd.conf をテキストエディタで開いて編集します。

APACHE_HOME とは、インストールしたディレクトリのこと。( C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2 など )

以下のコメントをはずします。

#LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
#LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so

LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so

LoadModule 郡の下に、以下を追記します。

LoadModule dav_svn_module "SVN_HOME/bin/mod_dav_svn.so"
LoadModule authz_svn_module "SVN_HOME/bin/mod_authz_svn.so"

SVN_HOMEとは、Subversion をインストールしたディレクトリのことです。

( C:/Program Files/Subversion など )

テキストの一番下に、以下を追記します。

<Location /svn>
DAV svn
SVNParentPath "C:/Repository"
#以下、認証の設定ですが、ここではコメントアウト
#AuthType Basic
#AuthName "Subversion repositories"
#AuthUserFile "C:/Program Files/Apache Group/Apache2/etc/svnpasswd"
#
# Require valid-user
#</LimitExcept>
</Location>

SVNParentPath には エンマーク [ \ ] は利用できません。必ずスラッシュ[ / ] を利用してください。

Apache を再起動します。

再起動が終わったら、ブラウザにて、以下の URL を実行します。

http://localhost/svn/hoge/

リポジトリの内容が表示されれば終了です。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL