XAMPPでPHPのバージョンを確認する方法 ホームページ制作 | 墨田区

XAMPPでPHPのバージョンを確認する方法

XAMPPでPHPのバージョンを知る方法です。

XAMPPでPHPのバージョンを確認する方法

XAMPPはインストールしたバージョンによって、PHPのバージョンも変わってきます。

バージョン違いによる不具合軽減のためにも、PHPのバージョンはきちんと把握しておく必要がありますね。

ここでは XAMPPでPHPのバージョンを確認する方法 を紹介します。

スポンサーリンク


ブラウザでPHPのバージョンを確認する

もっとも簡単なのは、Apacheを起動してブラウザで確認する方法です。

XAMPP Control Panelで、「Apacheのスタートボタン」を押下します。

XAMPP Control PanelでApacheのスタートボタンを押下

次に、ブラウザを開いて下記URLのページを開きます。

XAMPP
Control Panel
URL
3.2系http://localhost/dashboard/phpinfo.php
3.1系http://localhost/xampp/phpinfo.php

開いたページの赤枠部分がPHPのバージョンです。

ブラウザでPHPのバージョン

コマンドでPHPのバージョンを確認する

コマンドでもPHPのバージョンを確認できます。

XAMPP Control Panelで、右側の「Shellボタン」を押下します。

XAMPP Control Panelで右側のShellボタンを押下

下記のコマンドを入力します。

php -v

PHPのバージョンを確認できます。

コマンドでPHPバージョン確認

まとめ

XAMPPでPHPのバージョンを確認する方法を紹介しました。

インストールしたXAMPPのバージョンによって、PHPのバージョンも変わってきます。

バージョン違いによって使えるメソッドも変わってくるので、開発着手前に必ずバージョン確認しましょう。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

え?まさか、フォローするんじゃ・・・。やめておきなされ。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL