Windows10でインストールメディアを作成する方法 ホームページ制作 | 墨田区

Windows10でインストールメディアを作成する方法

LINEで送る
Pocket

Windows10でインストールメディアを作成する方法です。

Windows10でインストールメディアを作成する方法


Windows 10では、インストールメディア作成ツールをマイクロソフトの公式サイトからダウンロードすることで、Windows 10のインストールメディアを作成することができます。Windows 10インストールメディアを使えば、Windowsが起動しない等の不具合が発生した場合や、「.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)」を追加インストールする場合などに役立ちます。もちろん、新規にWindows 10をインストールすることも可能です。とにかく本家サイトの手順はわかりにくかったので、できるだけわかりやすく手順をまとめました。

ここでは Windows10でインストールメディアを作成する方法 を紹介します。

スポンサーリンク


準備するもの

Windows 10インストールメディアを使ってWindows 10を新規にインストールするには、USBメモリ、DVD-Rディスクを準備します。修復・追加のインストールであれば、ローカルフォルダを利用するので不要です。

8GB以上のUSBメモリを準備


容量は8GB以上が必要となりますので事前に準備しておきましょう。


Windows 10インストールメディアツールのダウンロード

下記のリンクより、Windows 10インストールメディアツールをダウンロードします。
>>Windows 10インストールメディアツールのダウンロードはこちら<<

ツールを今すぐダウンロードをクリックします。

ツールを今すぐダウンロードをクリック


任意の場所に保存します。

ここではデスクトップに MediaCreationTool をいうフォルダを新規に作って保存しています。

Windows10を任意の場所に保存


Windows 10インストールメディアツールを作成する

いよいよWindows 10インストールメディアを作成します。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、同意するをクリックします。

Windows10同意するをクリック


「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し、次へをクリックします。

別のPCのインストールメディアを作成するを選択


「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックが入っていることを確認し、次へをクリックします。

このPCにおすすめのオプションを使うにチェック


インストールメディアを作成するメディアを選択します。ここでは「ISOファイル」を選択して進めます。

Windows10のISOファイルを選択


保存先を指定します。

ここではデスクトップの MediaCreationTool をいうフォルダに保存しています。

Windows10の保存先を指定


ダウンロードにはそこそこかかります。気長に待ちましょう。

windows10のダウンロードにはそこそこかかる


完了をクリックすれば終了です。

完了をクリックすれば終了


Windows 10インストールメディアをマウントする

保存された「ISOファイル」を右クリックして「マウント」します。

windows10のISOファイルをマウント


マウントすれば仮想ドライブとして扱えます。

windows10のISOファイルをマウントすれば仮想ドライブとして扱える


修復・追加のインストールはこの方法で可能です。

保存された「ISOファイル」を右クリックして「ディスクイメージの書き込み」を選択すれば、DVDへの書き込みも可能です。新規インストールの場合で、USBメモリを準備できなかった場合に利用しましょう。


まとめ

インストールメディアがインターネットから手に入るなんて、一昔前では想像もできなかったなー。おまけに、Windows 7まではISOイメージファイルをマウントするために「Daemon-tools」を使っていたのに、Windows 8以降からは標準機能になって、Windowsは益々便利になりましたねー。

今回のインストールメディア作成ツールを使って、Windows 10をとことん使い倒しましょう。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL