Windows10 スタートアップのフォルダの場所 ホームページ制作 | 墨田区

Windows10 スタートアップの場所

LINEで送る
Pocket

Windows10でスタートアップの場所を紹介します。

Windows10 スタートアップの場所

以前、「Windows7 スタートアップのフォルダの場所」を紹介しましたが、Windows10 も同様に深い階層にあります。

Windows 起動時にアプリケーションを起動したい場合はここに登録しましょう。

今回は Windows10 スタートアップの場所 をご紹介します。

スポンサーリンク


Windows10 スタートアップへの移動方法

以下のように移動すれば、スタートアップにたどりつけます。

Cドライブ
 └ ユーザー
  └ (ユーザー名)
   └ AppData
    └ Roaming
     └ Microsoft
      └ Windows
       └ スタートメニュー
        └ プログラム
         └ スタートアップ

まずはエクスプローラーを開きます。「表示タブ」から「隠しファイル」を選択します。Cドライブ ⇒ ユーザー ⇒ (ユーザー名) へ移動すると 「AppData」というフォルダが出てきます。

(ユーザー名)は自身のユーザー名を選択ください。

Windows10 スタートアップのフォルダの場所 隠しファイル表示

AppData ⇒ Roaming ⇒ Microsoft ⇒ Windows ⇒ スタートメニュー ⇒ プログラム ⇒ スタートアップ と降りていくとたどり着けます。

ここに実行ファイル(.exe)のショートカットを作っておきましょう。

Windows10 スタートアップのフォルダの場所

まとめ

Windows7 以降はスタートアップの場所は同じです。しかし、階層が深すぎていつも悩んでしまいます。皆さんも忘れたときのために、このページをブックマークしておいていただければ私もうれしいです^^

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL