Excel マクロ/VBA画面の表示方法(開発タブ) Excel 2013 2010 2007 ホームページ制作 | 墨田区

Excel マクロ/VBA画面の表示方法(開発タブ) Excel 2013 2010 2007

LINEで送る
Pocket

Excel 2003 を使っていた方、もしくは、それ以前のバージョンを使っていた方、Office のバージョンを 2007 や 2010 にアップグレードした後、「どうやってマクロを使えばいいのかわからなーい!」、「そもそも VBA の画面をどうやって出したらいいのかわからなーい!」なんてことになっていませんか?

マクロを作成するための「開発」タブは、初期表示されておりません。自分で設定を変更して表示させるようにする必要があります。ここでは、その表示方法をご紹介いたします。





【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


対象

Excel 2007, Excel 2010, Excel 2013


Excel 2007

Excel 2007での開発タブ表示手順です。

1.Excel のオプションを表示する

左上の Microsoft Office ボタン をクリックし、[Excel のオプション]をクリックします。
Excel 2007 Excelオプション

2.[開発] タブをリボンに表示する チェックする

基本設定をクリックし、[開発]タブをリボンに表示するチェックをオンにします。
Excel2007 開発タブをリボンに表示する


Excel 2010

Excel 2010での開発タブ表示手順です。

1.リボンのユーザ設定を選択する

どこでもいいので、リボンを右クリックしてください。
すると、下図のようなメニューが出てきます。
「リボンのユーザー設定」をクリックします。
Excel リボンのユーザー設定


2. Excel オプション画面左の「リボンのユーザ設定」を選択する

Excel オプション画面が出ますので、左側メニューから
「リボンのユーザ設定」を選択します。
Excel オプション画面左のリボンのユーザ設定


3. Excel オプション画面右の「メインタブ」にて「開発」チェックを入れる

Excel オプション画面の右に、「メインタブ」が表示されます。ここに、「開発」という部分にチェックがを入れます。デフォルトでは、チェックが入っていません。
Excel リボンのユーザー設定メインタブ

「OK」ボタンを押下すると、「開発」タブが表示されます。
Excel 開発タブ 「Visual Basic」ボタンを押下すれば「VBA」の開発画面が開きますし、
「マクロ」ボタンを押下すれば、マクロを実行できます。


Office 2007 以降、ツールバーの様子がすっかり様変わりしてしまいました。慣れれなどうってことないのですが、最初の頃は戸惑うことが多いです。がんばって慣れましょうね。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Office / VBAの勉強が思うように進まないときは!

Office / VBAの勉強が思うように進まないのであれば、プロに直接質問ができる プログラミングスクール を検討してみてはいかがでしょうか?プログラミングスクールに申し込めば、短期間で一定のスキルを身に着けることができます!

Office / VBAコースあり!未経験者にウケてる KENスクール パソコンスクール・パソコン教室 【KENスクール】個別指導のWeb-DTP・OA・IT PCスクール

理解度や学習ペースに合わせて、一人ひとりが納得して前進できる授業を提供してくれるのが特徴です。特に課題製作は現場さながらで、実務に即したものとなっていますので短期でのスキルアップが望めます。自宅学習のサポートも充実していて、授業内容をいつでもビデオで振り返ることができるのもうれしいですね。好きな時間に好きな場所で、無理なくスケジューリングできるので、仕事の忙しい方でも柔軟に学ぶことができますよ。

更にさらに、なんと 就職サポート をしてくれるというのですから驚きです!!

履歴書の書き方から面接指導、求人の紹介など、具体的な就職先まで提案してくれるんです!私も「もっと早く出会いたかったなぁー、こんなスクール」・・・って思っちゃいました^^

東京・神奈川・愛知・大阪を営業エリアとされています。
まずは気軽に 無料体験予約 に申し込んでみるのもアリですよ。


コメントを残す

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

コメント(必須)

Trackback URL