Office Ribbon Editor インストール方法 ホームページ制作 | 墨田区

Office Ribbon Editor インストール方法

Office Ribbon Editor インストール方法です。

Office Ribbon Editor インストール方法

Office の リボンをカスタマイズできるOffice Ribbon Editorというツールがあります。

Office Ribbon Editor は、Office 2007, Office 2010 の xml を一緒に修正できるのが特徴です。今回は、この Office Ribbon Editor のインストール方法の紹介します。

Office Ribbon Editorはサポートが終了しています。現在もサポートされている「Custom UI Editor Tool」をご利用ください。


スポンサーリンク


ダウンロード

まずは 公式サイトから「Office Ribbon Editor」をダウンロードします。

・LeafCreations - Download Mirrors

http://www.leafcreations.org/index.php/RibbonEditor/Mirrors

2014/12/01現在リンク切れとなっています。サポートが終了したようです。

「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。

ここでは、Version 4.4.2 を利用します。

Office Ribbon Editor ダウンロードページ

適当な場所にダウンロードし、ダブルクリックでインストーラーを起動します。

Office Ribbon Editor 実行ファイル

インストール

OfficeOffice Ribbon Editor のインストーラーが起動したら「Next」ボタンを押下します。

Office Ribbon Editor インストーラー起動

「I accept the agreement(同意する)」を選択して「Next」ボタンを押下します。

Office Ribbon Editor 同意画面

変更履歴が表示されますので、ここも「Next」ボタンを押下します。

Office Ribbon Editor 変更履歴画面

デスクトップにショートカットアイコンを作る場合は、「Create a desktop icon」にチェックを入れ「Next」ボタンを押下します。

デフォルトはチェックなしです。

Office Ribbon Editor デスクトップショートアイコン確認画面

「Install」ボタンを押下するとインストールを開始します。

Office Ribbon Editor インストール開始画面

「Launch Office Ribbon Editor」にチェックを入れると、「Finish」ボタンを押下した後「Office Ribbon Editor」が起動します。

デフォルトはチェックありです。不要な場合はチェックを外してください。

Office Ribbon Editor インストール終了画面

無事、起動したらインストール完了です。

Office Ribbon Editor 起動画面

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

プログラミングに関することを中心にアウトプットしています。気軽にフォローしてくださいね。

おすすめコンテンツ

コメント - Thank you for the comment.

  1. さくら

    2019/05/04 11:38

     

    OfficeOffice Ribbon Editorでリボンのボタンに独自画像.bmpを使用したい。
    「imageMso=」ではなく「image=”Myimage”」と言った形で指定するための独自画像の取込み方法(手順)と留意点などを教えていただけませんか?

    返信

     
    •  

      さくらさん
      コメントありがとうございます。返信がすっかり遅くなりまして申し訳ございません。本件すでに解決済でしょうか。こちらでもOffice Ribbon Editorで独自画像を設定する方法を記事にまとめました。よろしければ「Officeリボンに独自画像(png/bmpなど)を設定する方法」を参考にしてみてください。

      返信

       
      • さくら

        2019/05/10 01:42

         

        独自画像を設定する方法をアップしていただきまして大変ありがとうございます…感謝
        早速試させていただきました…成功
        次の手順が急所の様でした(目から鱗が落ちた)。
        Import image(s) into documentをクリックし…
        Assign image toから、RibbonX14を選択…
        お陰様でOfficeのバージョンアップの影響を受けなくて済む「リボンのボタン」が楽しめそうです。
        追記
        Custom UI Editor 4.0.6418.26615 を試行したものの日本語を入力すると文字が重なって見え実運用し難いため、OfficeRibbonEditor 4.4.2 を運用しています。

        返信

         
        •  

          さくらさん
          返信遅くなりました。無事設定できたようでよかったです。Custom UI Editorですが、以前のバージョンでは文字化けしていたものの、4.0.6418.26615では文字化けしなかったのですが、何か環境が違うのですかね。よろしければ「Custom UI Editor Tool インストール方法と使い方」も参考にしてみてください。

          返信

           

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL