iPhone XS 256GBモデル購入レビュー!その評価は?! ホームページ制作 | 墨田区

iPhone XS 256GBモデル購入レビュー!その評価は?!

LINEで送る
Pocket

iPhone XS 256GBモデルを購入したのでレビューと評価をします。
iPhone XS 256GBモデル購入レビュー!その評価は?!

2018年新型iPhone XS・XS Maxが9月21日に発売されました。当初から発売されたら買おうと思っていましたが、予約するのが面倒で2日後くらいにソフトバンクショップに行ったら店頭在庫があったので購入した感じです。正直、軽いノリです(笑)。なので専門家みたいなレビューはできないっす。でも庶民の感覚で思ったことを伝えたいと思いますw

iPhone XS 256GBモデルにするまではiPhone 6s 128GBモデルを使っていました。気が付けば3年も使っておりましたが、特に使い勝手に困ったこともなく、替え時を探していたという感じでしたね。しかし店頭在庫が残っているなんて、かつてのような人気や購入意欲は皆さんなくなっちゃったのでしょうか。それともiPhone Xを先取りしてiPhone XSなんて興味なし?!それとも高額だから購入を控えてる?!ちょっと余計な心配をしてしまいます。

iPhone XS Max 256GB SIMフリー [ゴールド]

新品価格
¥157,000から



そんな訳で iPhone XS 256GBモデル購入レビュー をしちゃいます。これから購入を検討されている方の参考になればうれしいです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


iPhone XSのデザインと機能

iPhone XS・XS Maxの基本デザインは iPhone X と同じわけだけど、個人的には初めての全画面 iPhone となるわけで、ホームボタンがないのに最初は超違和感がありました。一時使ったことのある Android 端末にも似ている印象でしたかね。表示サイズが広くなったものの、対応しているアプリはこの記事を書いている段階ではそんなに多くはないですね。
iPhone XSのデザインと機能

iPhone 6sと比べると画面サイズの差が圧倒的で、iPhone 6s が4.7インチなのに対し、iPhone Xs は5.8インチと大幅インチアップで、画面上部にノッチ(切り欠き)があり、2436×1125ドット表示のSuperRetinaディスプレイ(有機ELディスプレイ)を搭載し、解像度は458ppiという専門家にしかよくわからない数値の数々w

つまり、新型のiPhoneはディスプレイに自信があるってことでしょう。それはディスプレイを主張した外箱にも表れていますね。しかし相変わらず箱のデザインもかっこいいな~。
iPhone XS 箱のデザインもかっこいい

ベゼル(額縁)を本体ギリギリまで細くすることで、画面の大きさを最大化したんですね。表示空間が大きく快適に使えます。あ、ベゼル(額縁)っていうのは、ディスプレイの上下左右あった、ホワイトとかブラックの縁のことです。

ボディカラーはゴールド、シルバー、スペースブラックの3色がラインナップされましたが、iPhone 6s と同じゴールドを選択。ところが同じゴールドでもちょっと印象が違うんですよ。iPhone 6s がイエローゴールドというんですかね、明るい金色だったのに対して、iPhone XSシリーズのゴールドは少し黒っぽい金色って印象です。もはやパッと見たたけじゃ金色には見えないな。店員は「きなこみたいな色ですよねーw」って笑って言ってましたけど。いや「きなこ」はもっと黄色いよw
iPhone XS ゴールド

ここで気になるのがデュアルカメラが縦に並ぶデザイン。カメラユニットが本体から大きく飛び出しているわけだけど、個人的にはちょっと主張しすぎな感じもうける。カメラユニットの巨大化は賛否がわかれそうですねー。
iPhone XS デュアルカメラのデザイン

ちなみにカメラユニットが本体から飛び出している関係で、机の上に置いたまま操作するとカタカタしますのでご注意をw

ちなみに気になる重さですが、iPhone XSの本体は 178g でした。公式は 177 g なのでフィルムの重さがプラスされたのかも。まあ誤差の範囲かな。
iPhone XS 本体重量は178g

iPhone 6sは145gだったので、比べると 33g も重くなっている。iPhone Xと比べても3gも重い。だいぶ慣れたけど、ズッシリとした重量感はなんともいえないっすねぇ。

防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えておりますが、これまで通り完全防水ではないので油断しないようにしましょう。

ストレージ容量は、64GB、256GB、512GBのモデルがラインナップされています。気が付きました?128GBモデルはないんですよ。iPhone XRなら128GBモデルを選べるって、いったい・・・。個人的には128GBくらいがちょうどいいんですよねー。iPhone 6sも128GBだったし。64GBだとちょっと不安だけど、256GBまでは必要ないかもってユーザー結構いると思うんですけどね。まぁ、64GBと256GBの値差は、256GBと512GBとの値差に比べたらそんなにないからいいんですけど、ストレージによって値差があるなら、128GBモデルも用意してほしいと思った次第です。


iPhone XSの操作感

iPhone Xシリーズでは、ホームボタンが無くなったことでサイドボタンに役割が移動しています。

まず、左側の音量(ボリューム)ボタン、サイレントスイッチの配置と大きさは、これまでのiPhoneとほぼ変化はありません。
iPhone XS 左側の音量ボタンとサイレントスイッチ

右側のスリープボタンだったものはiPhone Xからサイドボタンと名称が変更になっています。
iPhone XS 右側のサイドボタン

サイドボタンをワンクリックでスリープON/OFF、長押しでSiriが起動(音声呼出は従来通り)、ダブルクリックすればでApple Payが起動されます。

そして一番悩んだのは電源OFFの仕方!

なんと、サイドボタンと音量ボタンの上下どちらか1つを同時に長押ししないと電源OFFのダイアログが出てこないんです。これはわからんかったー。iPhone Xまではスリープボタンの長押しで電源OFFダイアログが呼び出せてたのに、いきなり仕様が変わると困惑しますね。

スクショの撮影方法もサイドボタンと音量ボタンの上を同時に押すと方法に変更されています。

ショートカット機能にも変更があります。これは全てスワイプで対応します。

アプリからホームに戻るには画面下から上へのスワイプによって操作し、アプリの切り替えは、画面の一番下を左右にスワイプすれば切り替えられます。

コントロールセンターの表示方法は、画面右上の電波状況アイコン付近から下に向けてスワイプします。通知センター表示は従来通り、右上以外から下にスワイプすれば表示されます。
iPhone XS コントロールセンターは右上から下へスワイプ

かつてホームボタンダブルクリックで画面を半分くらい下に落としていた簡易アクセスは、画面最下部を下にスワイプすればOKです。これには設定のアクセシビリティから、簡易アクセスをオンにすることで対応できます。

覚えてしまえばなんてことないですが、ホームボタンがなくなったことによるUIの変更に最初は困惑しまくりでした^^;

そしてホームボタンがないことによる一番の影響としてiPhoneのロック解除が挙げられるんじゃないでしょうか。iPhone 8シリーズまで搭載されていた指紋認証センサーによるTouch ID。これが生体認証によるFace IDに移行されました。

Face IDは、ユーザーの顔を立体的に捉えることでメガネや髪型の変更を認識し、写真などによる成りすましができないようになっています。認識が早いこと、暗いところでも認識できること、セキュアであることということをAppleさんは強調していますが、うーん・・・、これは賛否が分かれるんじゃないでしょうか。

個人的に困ったのは、端末を縦向きに持ったときしか認証できないということ。つまり寝転がっていると認証してくれず、ロックを解除できないんですよ。いちいち起き上がるかパスコードを入力しなければならず、操作性に難ありです。あと、マスクをつけていると認識できないという弱点もあります。花粉症の季節はずっとマスクですからねー、これは困ったことだぞっと。

それと、机の上に置いたままロック解除ができないのも困りものです。いちいち端末を持ち上げてSNSの確認をするのは正直メンドクサイ。これはiPhoneスタンドを利用して、端末を立て掛けることで回避していますが、いちいち覗き込むのは使い勝手に難があると思います。できれば手軽にロック解除できる指紋認証も残してほしかったなーという印象ですね。この辺りは今後に期待ですかね。

そんなわけで、同じめんどくさがり屋の方には、iPhoneスタンドが便利ですよ。

ラスタバナナ LEG STAND WH RBOT098

新品価格
¥274から





ちなみに、iPhone XS対応アクセサリーはiPhone Xと同じです。全面フィルムやカバーなどは流用できます。


個人的なおススメは、ブルーライトカットフィルムですね。エレコムのフィルムなら最大で40%もカットしてくれるので、長時間利用による目の疲れを軽減できます。

エレコム iPhone Xs ガラスフィルム フルカバー 全面保護 0.33mm ブルーライトカット 【画質を損ねない、驚きの透明感】 iPhone X対応 ホワイト PM-A18BFLGGRBLW

新品価格
¥2,880から



とまぁ酷評したFace IDですが、立ってさえいれば暗闇でも認識してくれます。これは印象よかったです。例えば寝る前にスマホチェックしようと電気を消した後でも立っていればロックを解除できます。暗い夜道を歩きながらでもロック解除ができるのは助かります。もちろん眼鏡やサングラスをしていても認識してくれます。ってか、ロック解除できなかったら超クレームですかね^^;


iPhone XS MAXじゃなくてiPhone XSを選んだ理由

どっちにしようか悩んでいる人もいると思いますが、私はデカいiPhoneをうまく使いこなせないので、小さい方を選んだという感じでしょうか。

iPhone XS・XS Maxの違いは、ディスプレイ・サイズ・バッテリーとなっており、搭載されているプロセッサやカメラの性能差はありません。もちろん知らないだけで、細かな性能差はあるかもですが、体感できる範囲ではないと思います。(左がiPhone XS Max、右がiPhone XS)
iPhone XS・XS Max 大きさ比較

なので大きさで選ぶだけですが、私の場合は手が小さく、よく落とすので小さい方を選んだという感じです。iPhone 6sもよく落としました。画面割れの経験もあります。

しいていうなら、写真や映画をスマートフォンで見る機会が多い、もしくはカメラやビデオで撮影する機会が多いといった方は、iPhone XS Maxを選択してもいいんじゃないでしょうか。実際、iPhone 6sからiPhone XSに変更して画面サイズが大きくなったことで、動画の視聴は格段によくなりましたからね。

あ、大事なことを忘れていた。iPhone XS・XS Maxの違いの一つに値段もありました!

iPhone XS Max SIMフリー 512GB ゴールド A2102

新品価格
¥176,000から



iPhone XS Maxは値段もMaxです。最も高いiPhone XS Max 512GBモデルは、Apple Store価格で16万4800円(税別)となっています。これに補償サービスである「AppleCare+ for iPhone XS、iPhone XS Max」を一括払いし、消費税を含めて計算すると20万円を超えてしまいます。なんならMacBookとさほど変わらないレベルの価格になっています。まさにマキシマムだー!!

iPhone XSを選んだ理由として価格面をあげるのであれば、iPhone XS 256GBモデルが一番お買得に見えたということになりますかね。

ちなみに、キャリア別の端末価格は下表のようになりました。
iPhone XS 一括販売価格(税込)
 64GB256GB512GB
SIMフリー121,824円140,184円165,024円
ドコモ128,952円147,096円171,720円
au128,640円146,880円171,840円
ソフトバンク136,800円155,040円180,000円

iPhone XS Max 一括販売価格(税込)
 64GB256GB512GB
SIMフリー134,784円153,144円177,984円
ドコモ141,912円160,056円184,680円
au141,600円159,840円184,800円
ソフトバンク149,760円168,000円192,960円

いずれにしても、iPhone XS・XS Maxのどっちが優れているかみたいな感覚じゃなくて、自分の好き嫌いや手に持って使いやすいかどうかといった感覚で選べばいいと思います。


iPhone XS・XS Maxの購入には審査がある

私はソフトバンクユーザーなので、iPhone XSはソフトバンクで機種変更しました。その変更手続きが終わった辺りですね、iPhoneの初期設定をしてもらって後は受け取り待ちって段階でショップ店員が、「ステータスが審査中になってしまったのでしばらく待ってください」とのことでした。幸いにもすぐに審査OKになったわけですが、いったいどういうこと?!

ショップ店員に聞いたところ、iPhoneXから端末代金が非常に高くなったことで、信用情報機関による審査があるとのこと。端末価格が10万円以上のものについては、借入金の総量規制の対象になるとかで、審査がとても厳しく、信用情報以外にも、年収だったり、借入やクレジットカードの利用状況なんかも審査対象になるとのことでした。ただ、一番の基準となるのは世帯主の年収のようです。私もソフトバンクの店員に年収を聞かれました。ザックリでいいですよって感じでしたけど、控え目に答えてたら審査が通らなかったりしたのかなー・・・、こわーっ!

しかもこれ、手続きが全部終わってからですからね。1時間くらい使ってプランの説明受けたり、手続きとか全部済ませた後に審査に落ちて手に入りませんとか言われたら、ちょっとへこむわー・・・。もう2度とiPhoneなんて買うかってなりそう。iPhoneの審査落ちって言葉が流行らないことを願うばかりです。


まとめ

iPhone XS・XS Max・XRが発表されたあと、iPhone X、6s、SEがAppleストアストアから消えました。iPhone Xなんてたった1年で販売終了ですからね、ビックリですよー。それだけiPhone XS・XSMax・XRに自信があるのか、高額商品を売りたいのか、Appleさんの戦略はどうなんでしょうかね。

デザインや機能、価格面でも賛否両論がありそうなiPhone XS・XS Maxですが、買おうかどうしようか悩んでいる方、悩むくらいなら無理して買わなくてもいいんじゃないかと思います。

iPhone XS・XS Maxは、ハッキリ言ってコスパ悪いです。普段使っているアプリをよく思い出して、本当にこれだけのスペックが必要な使い方をしているか、今一度確認してから購入しても遅くないと思います。

iPhoneは据え置きしてMacBook買うのもありでしょうし、なんなら値下げされて購入しやすくなっているiPhone 8を選択肢に入れるのもアリだと思いますよ。

皆さんも購入時はよく検討してくださいねー。

iPhone XS Max 256GB SIMフリー [ゴールド]

新品価格
¥157,000から



おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL