Excel クイックアクセスツールバー カスタマイズ方法 ホームページ制作 | 墨田区

Excel クイックアクセスツールバー カスタマイズ方法

Excelでクイックアクセスツールバーをカスタマイズする方法です。

Excel クイックアクセスツールバー カスタマイズ方法

以前、「Office Excel リボン非表示 カスタマイズ方法」のページで、Excelのリボン非表示(カスタマイズ)方法をご紹介しました。

今回は、Office Ribbon Editor を使って、クイックアクセスツールバーのカスタマイズ方法をご紹介したいと思います。

Office Ribbon Editor をインストールされていない方は、「Office Ribbon Editor インストール方法」を参考にインストールを実施してください。

スポンサーリンク


クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

変更の方法は、XML の修正タグが違うだけでリボンのカスタマイズと同じです。下図のように RibbonX12、RibbonX14 を開きます。

RibbonX12 は Office 2007用、RibbonX14 は Office 2010 用

Office Ribbon Editor 画面

もし、右図の出し方がわからない場合は、「Office Excel リボン非表示 カスタマイズ方法」のページより確認ください。


今回は下図のように、クイックアクセスツールバーの「上書き保存」だけ残して、「元に戻す」「やり直し」のボタンを非表示にしてみます。

Excel クイックアクセスツールバー カスタマイズ

RibbonX12

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2006/01/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <qat>
      <sharedControls>
       <control idMso="FileSave" label="Shared FileSave"/>
      </sharedControls>
    </qat>
  </ribbon>
</customUI>

RibbonX14

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <qat>
      <sharedControls>
       <control idMso="FileSave" label="Shared FileSave"/>
      </sharedControls>
    </qat>
  </ribbon>
</customUI>

まず、ribbon タグを使って、リボンを「ゼロから作る(startFromScratch="true")」と宣言します。リボンの編集の時は、tabs/tab タグを利用しましたが、クイックアクセスツールバーの場合は、qat/sharedControls タグを利用します。control タグを利用して、「上書き保存」のコントロールを表示するよう記述すればおしまいです。

ちなみに「元に戻す」「やり直し」は、

<control idMso="Undo" label="Shared Undo"/><!--元に戻す-->
<control idMso="Redo" label="Shared Redo"/><!--やり直し-->

と記述します。

まとめ

Excelでクイックアクセスツールバーをカスタマイズする方法を紹介しました。

マクロと合わせて使えば、様々な制御ができそうですね。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL