OpenOffice 3.3 をインストールしよう。 ホームページ制作 | 墨田区

OpenOffice 3.3をインストールする方法

OpenOffice 3.3 をインストールする方法です。

OpenOffice 3.3をインストールする方法

OpenOffice とは、ワープロ・表計算・プレゼンツールなど、フリーで利用できるオフィス統合環境です。Microsoft Office と、ある程度ですが互換性があります。Microsoft Office は買うとなると高額ですが、OpenOfficeを利用されている方っていらっしゃるんじゃないでしょうか?書籍も結構出ていますし、さまざまな OS で動くのも魅力ですね。また、実務の中では PDF に変換して出力したいなどの要件も多くあります。このツールを使うことでだいたい解決できます。

既に、OpenOffice.org としては、3.3 のバージョンを最後に開発が終了しています。現在は、LibreOffice と Apache OpenOffice に別れて開発が継続されています。しかし、日本語プロジェクトが日本語版の提供を行わないことを発表しているのが残念ですね。

とりあえず無料なので、インストールしてみましょう。

スポンサーリンク


OpenOffice をダウンロード

以下のページよりダウンロードできます。

http://www.openoffice.org/ja/download/index_testing.html

ここでは、OOo_3.3.0_Win_x86_install_ja.exe をダウンロードしています。

OpenOffice をインストール

ダウンロードした OOo_3.3.0_Win_x86_install_ja.exe を実行し、次へボタンを押下します。

OOo_3.3.0_Win_x86_install_ja.exeを実行して次へボタンを押下

出力先フォルダを選択し、展開ボタンを押下します。

インストール先の指定ではありません。一時的な解凍場所です。インストール後は不要になりますので、適当な場所に解凍してください。インストール後は削除して問題ありません。

OpenOffice 3.3 出力先フォルダを選択して解凍

解凍され、インストーラーが起動します。

OpenOffice 3.3 インストーラー起動1

OpenOffice 3.3 インストーラー起動2

インストールウィザードが表示されたら、次へボタンを押下します。

OpenOffice 3.3 インストールウィザードで次へボタン押下

ユーザ名を入力します。(デフォルトで Windows ユーザが表示されています)必要に応じて所属を入力します。アプリケーションを使うユーザを選択します。ここでは「このコンピュータを使用するすべてのユーザ」にチェックをしています。次へボタンを押下します。

OpenOffice 3.3 ユーザー名を入力

セットアップの種類を選択します。インストール先を変更する場合は、カスタムを選択します。ここでは、通常を選択しています。次へボタンを押下します。

OpenOffice 3.3 セットアップの種類を選択

インストールボタンを押下すると、インストールが始まります。

OpenOffice 3.3 インストールボタンを押下

インストールが始まりましたね。

OpenOffice 3.3 インストール開始

完了ボタンを押下すれば、インストールは完了です。

OpenOffice 3.3 インストール完了

早速起動してみましょう。デスクトップにできたショートカットを実行します。

OpenOffice 3.3 ショートカットを実行

次へボタンを押下します。

OpenOffice 3.3を起動し次へボタンを押下

既に開発が終了しているので、ここでは「登録しない」を選択し、完了ボタンを押下します。

OpenOffice 3.3 登録しないを選択

以下の画面が表示されれば起動は完了です。

OpenOffice 3.3 起動は完了

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL