Windows11 自動サインインする(パスワード省略)方法

Windows11でパスワードを入力せずに自動サインインする方法です。

Windows 11 自動サインインする(パスワード省略)方法

自動サインインの設定をしておくと、ロック画面もパスワードの入力も省略して、デスクトップを表示させることができるので便利です。

ここでは Windows11で自動サインインする方法 を紹介します。

Sponsored Links


自動サインインの設定

それでは、Windows11での自動サインインの設定について解説します。

ユーザーアカウント画面を開く

「Windowsボタン + R」でファイル名を指定して実行を開き、テキストボックスに「netplwiz」と入力して「OK」をクリックします。

ファイル名を指定して実行からnetplwizと入力してOKをクリックする

ユーザー名を選択してチェックを外す

ユーザーアカウント画面で、自動サインインしたいユーザー名を選択して「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。

ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要のチェックを外す。

「ユーザーがこのコンピュータを使うには、・・・」が表示されていない方は「Windows11 「ユーザーがこのコンピューターを使うには~」が表示されない場合の対処方法」を参考にしてください。

「OK」ボタンをクリックすると自動ログオンの画面が出てきます。

パスワードを設定する

自動ログオンの画面で、パスワードを入力して「OK」をクリックします。

パスワードを入力してOKをクリック

パスワード設定の注意点

  • 現在使用しているパスワードを入力してください。新しいパスワードを設定すると、サインインできなくなる可能性があります。
  • パスワードを入力せず空白のまま再起動すると、管理者制限が無くなくなってしまいます。
  • 「PIN」を利用している場合は、パスワードでのサインインへ切り替えてください。

Sponsored Links

まとめ

Windows11で自動サインインする方法を紹介しました。

自動サインインを無効にしたい場合には、同手順で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを入れればOKです。

くれぐれもパスワード設定にはご注意ください。

また、自動サインインはパスワード省略できて便利な反面、セキュリティの低下によるリスクが上がります。十分に注意して利用しましょう。

おつかれさまでした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links