Spring BootとDoma2を連携してORACLE接続する方法 ホームページ制作 | 墨田区

Spring BootとDoma2を連携してORACLE接続する方法

LINEで送る
Pocket

Spring BootとDoma2を連携してORACLE接続する方法のご紹介です。
Spring BootとDoma2を連携してORACLE接続する方法

Doma とは、S2Daoのスタイル(DAOパターンや2 Way SQL)を踏襲したO/Rマッパーです。Seaser2 との依存関係はありません。Doma には、バージョン1と2がありますが、ここではバージョン2で検証していきます。

そもそものきっかけは、Java と SQL を分離したいと思ったことです。実務の中ではどうしても複雑な SQL を書かなければならないケースがあります。Java の中にゴリゴリ SQL を書く JPA はちょっと違和感があり、SQL ファイルが外出しできるプロダクトがないかなーと探していました。元々、S2JDBC を好んで使っていたこともあり、2 way SQL が Spring Boot で実現できないものかと模索していた感じです。調査を進めていくと Doma ってのがいい感じと情報を得たので試してみようと思います。

Spring Boot で 2 Way SQL をやりたい って方のお役に立てるとうれしいです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


環境

Spring Boot 1.4.1
Thymeleaf 3.0.2
Windows7
Java8
Eclipse 4.6 Neon
ORACLE 11g
Doma2

こちらのページを参考にサンプルアプリを作ってください。既に何がしかのアプリがある場合は、読み飛ばして結構です。
Spring Bootを使ってWebアプリを作る方法
Spring BootでORACLEデータベースに接続する方法

EclipseでDoma Toolsをインストール

Doma Tools は、Doma を使った開発をサーポートする Eclipse プラグインです。Dao のメソッドから対応する SQL ファイルへのジャンプしたり、逆もしかりと、開発がサクサクできますのでインストールしておきましょう。

Eclipse メニューの[ヘルプ]-[新規ソフトウェアのインストール]を選択し、作業対象に「http://eclipse.seasar.org/updates/3.5/」を入力して追加ボタンを押下します。

Doma を選択してインストールして Eclipse を再起動します。
Doma ToolsをEclipseにインストール

pom.xmlを編集

pom.xmlに下記を追加します。
<dependency>
  <groupId>org.seasar.doma.boot</groupId>
  <artifactId>doma-spring-boot-starter</artifactId>
  <version>1.1.0</version>
</dependency>

<repository>
  <id>sonatype-snapshots</id>
  <name>Sonatype Snapshots</name>
  <url>https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots</url>
  <snapshots>
    <enabled>true</enabled>
  </snapshots>
</repository>

application.ymlを編集

src/main/resources/config 配下の application.yml に Doma の設定を追記します。
doma:
  dialect: oracle
  sql-file-repository: no_cache

全体の application.yml はこうなります。(application.propertiesでも可)
spring:
  datasource:
    url: jdbc:oracle:thin:@dbserver:1521:oracle
    username: scott
    password: tiger
    driverClassName: oracle.jdbc.driver.OracleDriver
doma:
  dialect: oracle
  sql-file-repository: no_cache

テーブルを作る

サンプルのテーブルを作ります。
CREATE TABLE RESERVATION
(
  ID      NVARCHAR2(10) NOT NULL,
  NAME    NVARCHAR2(255) NOT NULL,
  CONSTRAINT PK_RESERVATION PRIMARY KEY (ID) USING INDEX
)
/

ついでにデータも入れておきましょう。
insert into RESERVATION values ('1', 'hoge')
/
insert into RESERVATION values ('2', 'piyo')
/
insert into RESERVATION values ('3', 'fuga')
/
insert into RESERVATION values ('4', 'foo')
/
insert into RESERVATION values ('5', 'bar')
/
insert into RESERVATION values ('6', 'baz')
/

Entityを作る

Entity クラスを作ります。@Entiry アノテーションは org.seasar.doma.Entity を使います。複数あるので間違えないように注意しましょう。public に宣言できますので setter / getter は不要です。これはいい^^
package springbootapp.domain.model;

import org.seasar.doma.Entity;
import org.seasar.doma.Id;
import org.seasar.doma.Table;

@Entity
@Table(name="reservation")
public class Reservation {
  @Id
  public String id;
  public String name;
}

DAO interfaceを作る

DAO interface クラスを作ります。ここに search メソッドと insert メソッドを作ります。アノテーションは @ConfigAutowireable と @Dao を付加します。@ConfigAutowireable は、@Repository と @Autowired の両方を加味しているみたいですね。
package springbootapp.domain.repository;

import java.util.List;

import org.seasar.doma.Dao;
import org.seasar.doma.Insert;
import org.seasar.doma.Select;
import org.seasar.doma.boot.ConfigAutowireable;
import org.springframework.transaction.annotation.Transactional;

import springbootapp.domain.model.Reservation;

@Dao
@ConfigAutowireable
public interface ReservationRepository {
  @Select
  List<Reservation> selectAll();
  @Insert
  @Transactional
  int insert(Reservation reservation);
}

@Transactional は、メソッドの開始がトランザクションの開始、メソッドの終了がトランザクションの終了になります。

こちらのサイトに詳しく書かれていたので、参考にさせていただきました。ありがとうございます^^
@Transactional(Spring Framework)のpropagation属性 – Java EE 事始め!

Serviceを作る

ドメイン層の Service クラスを作ります。ReservationRepository の selectAll メソッドを呼び出します。
package springbootapp.domain.service;

import java.util.List;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.stereotype.Service;
import org.springframework.transaction.annotation.Transactional;

import springbootapp.domain.model.Reservation;
import springbootapp.domain.repository.ReservationRepository;

@Service
@Transactional
public class ReservationService {

  @Autowired
  ReservationRepository reservationRepository;

  public List<Reservation> getReservation() {
      return reservationRepository.selectAll();
  }

  public int insert(String id, String name) {
    Reservation reservation = new Reservation();
    reservation.id = id;
    reservation.name = name;
    return reservationRepository.insert(reservation);
  }
}

Controller クラスを変更する

コントローラークラスに下記を追記します。Select と Insert の確認を同時にやっちゃいます。
System.out.println("[START] Doma2を使ってORALCEに接続します。");
List<Reservation> reservations = reservationService.getReservation();
for (Reservation reservation : reservations) {
  System.out.println(" " + reservation.id + " : " + reservation.name );
}
reservationService.insert("10", "saka");
System.out.println("[END  ] Doma2を使ってORALCEに接続しました。");

id 固定なので、一回しか Insert できないけど・・、まぁ、動作検証するだけなので、ご愛嬌ということで^^;

パッケージ構成の確認

ここまでの構成はこんな感じになっています。
Spring BootでDoma2の構成

META-INF 以下は、こんな感じ。
Spring BootでDoma2の構成 META-INF

実はこのパッケージ構成にする前は、下記のエラーが出て動作しませんでした。
Description:
Field reservationRepository in springbootapp.ReservationService required a bean of type 'springbootapp.ReservationRepository' that could not be found.

Action:
Consider defining a bean of type 'springbootapp.ReservationRepository' in your configuration.

こちらのページを参考にして、パッケージ構成を見直してビルドしたところ、動作できました。ありがとうございます^^
Java – spring boot+doma2のアプリケーション作成時のエラー(38462)|teratail

動作確認

早速、ビルドして動作確認してみましょう。
http://localhost:8080/ へアクセスすると・・・
[START] Doma2を使ってORALCEに接続します。
2016-11-25 15:31:57.912  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2220] ENTER  : クラス=[springbootapp.domain.repository.ReservationRepositoryImpl], メソッド=[selectAll]
2016-11-25 15:31:57.979  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2076] SQLログ : SQLファイル=[META-INF/springbootapp/domain/repository/ReservationRepository/selectAll.sql],
select
 id
,name
from reservation
order by name
2016-11-25 15:31:58.027  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2221] EXIT   : クラス=[springbootapp.domain.repository.ReservationRepositoryImpl], メソッド=[selectAll]
 5 : bar
 6 : baz
 4 : foo
 3 : fuga
 1 : hoge
 2 : piyo
2016-11-25 15:31:58.045  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2220] ENTER  : クラス=[springbootapp.domain.repository.ReservationRepositoryImpl], メソッド=[insert]
2016-11-25 15:31:58.089  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2076] SQLログ : SQLファイル=[null],
insert into reservation (id, name) values ('10', 'saka')
2016-11-25 15:31:58.103  INFO 10032 --- [nio-8080-exec-1] o.s.doma.jdbc.UtilLoggingJdbcLogger      : [DOMA2221] EXIT   : クラス=[springbootapp.domain.repository.ReservationRepositoryImpl], メソッド=[insert]
[END  ] Doma2を使ってORALCEに接続しました。

おおお、Select も Insert もできちゃいましたー^^

参考サイト

今回のサンプルは、ほぼこちらのサイトのまんまですね。
GitHub – domaframework-doma-spring-boot

まとめ

Doma2 いい感じですねー。SQL を書くことに慣れている私としては、とてもいい感じです。やはりファイルに SQL 書くと、手抜きしないできちんと書きますからねー。書きながらパフォーマンスチェックもできたりするんで。

ちなみに Doma-Gen を使うと、エンティティクラスや Dao インターフェースクラスを自動生成してくれます。s2jdbc-gen と似たような感じでとてもよさげです^^
Doma – Doma-Gen

こちらのサイトでは Spring Boot + Doma2 について、とても詳しく書かれています。実務でも使えるレベルと思いますので、参考にしてみたいと思います。ありがとうございます^^
Spring Boot で Doma 2 を使用するには – かんがるーさんの日記

皆さんも試してみてください。

次回はフロントエンド周りでも検証してみようかなー。
Spring Bootでヘッダ・フッタの共通化する方法

【追記】
Doma-Genを使ってみました。
詳しくは「Spring BootでDoma-Gen2を使う方法」で紹介しています。

おすすめ書籍 – 私はこの書籍1冊で Spring Boot を習得できました^^

SpringBootプログラミング入門

新品価格
¥3,024から



おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL