Struts2.3+S2JDBCのインストールからDBアクセス(ORACLE)まで - 準備編 ホームページ制作 | 墨田区

Struts2.3+S2JDBCのインストールからDBアクセス(ORACLE)まで – 準備編

LINEで送る
Pocket

Struts2プロジェクト Struts2.3+S2JDBCのインストールからDBアクセス(ORACLE)までの方法をご紹介します。
Struts1系が EOL になったこともあり、今後の Java Framework は何を利用していくべきか?という議論は様々あるかと思いますが、Struts2系でいこうという企業様も多くありましたので、ここに手順を掲載しておきます。
Struts1.x サポート終了(EOL)で発生する業務アプリへの影響

S2JDBC は使い勝手がよく、個人的に好んで使う Seasar2 の O/R Mapper ですね。
「流れるようなインターフェース」とてもいい感じです^^
ここでは、とにかく動く環境を作ることが目的なので、Strtus2 の細かな説明や、S2JDBC の細かな説明は省きます。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


Eclipse インストール

今回は、Eclipse 4.2 Juno を使って環境構築しますので、こちらのページを参考に、Eclipse をインストールしてください。
※Java 7、Tomcat7 を利用しますので、「Pleiades All in One Java」 をダウンロードします。
>Eclipse 4.2 Juno Pleiades All in One インストール方法はこちら


Tomcat 設定

Eclipse のインストールが終わったら、Tomcat の設定をおこないます。
Eclipse メニューの 「ウィンドウ」-「設定」から、Tomcat を選択します。
バージョン 7.x を選択し、Tomcat ホームを選択します。
※ここでは、「C:\Eclipse\4.2」に Eclipse をインストールしたので、「C:\Eclipse\4.2\tomcat\7.0」が Tomcat ホームになります。
Eclipse Tomcat 設定


Dolteng(どぅるてん) インストール

Struts2+S2JDBCのプロジェクト作成には、Dolteng(どぅるてん) を使うのが簡単です。
Eclipse のインストールが終わったら、こちらのページを参考に Dolteng をインストールしてください。
http://dolteng.sandbox.seasar.org/


プロジェクト作成

では、早速 Dolteng でプロジェクトを生成しましょう。
今回は 「struts2-s2jdbc」というプロジェクトを作成します。
Eclipse メニューから「新規」を選択して、ウィザードの選択画面を開きます。
Eclipse 新規プロジェクト追加

次に、「Dolteng プロジェクト」を選択し、次へを押下します。
Eclipse 新規Doltengプロジェクト

プロジェクト名に「struts2-s2jdbc」と入力し、ルートパッケージ名を入力します。
※ここでは、sakaen としています。ハイフンなどの記号は利用できません。
プロジェクト・ファセット設定の表示を「Struts2」、永続「S2JDBC」を選択し、
次へを押下します。
Eclipse Doltengプロジェクトの作成

終了を押下すれば、プロジェクトが作成されます。
Eclipse Doltengプロジェクトの作成終了

プロジェクトを選択して右クリックメニューから 「Tomcat プロジェクト」-「コンテキスト定義の更新」を選択します。
Eclipse Tomcatコンテキスト設定



動作確認

まずは、動作確認です。
http://localhost:8080/struts2-s2jdbc/index.action
にアクセスし、ページが表示されることを確認します。
※ここでは、ポート 8888 となっていますが、通常は 8080 です。
Struts2 動作確認

おお、動いた。簡単簡単♪

しかし、本章の目的は、Struts2.3 をインストールすることです。
Dolteng を使ったインストールでは、Struts2.0 がインストールされている状態です。
※「src」-「main」-「webapp」-「WEB-INF」-「lib」から確認できます。
Struts バージョン確認

これを Struts2.3 にバージョンアップが必要です。


次回は、Struts2.3 にバージョンアップする方法をご紹介します。
Struts2.3+S2JDBCのセットアップからDBアクセス(ORACLE)まで – アップデート編
Struts2.3+S2JDBCのセットアップからDBアクセス(ORACLE)まで – DBアクセス編

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL