WordPress5.0の編集画面を旧エディターに戻す方法(Classic Editor) ホームページ制作 | 墨田区

WordPress5.0の編集画面を旧エディターに戻す方法(Classic Editor)

LINEで送る
Pocket

WordPress5.0の編集画面である新エディター「Gutenberg」を旧エディターである「Classic Editor」に戻す方法です。

WordPress5.0の編集画面を旧エディターに戻す方法(Classic Editor)


WordPress5.0からブロック単位で記事を書いていく新エディター「Gutenberg(グーテンベルク)」が採用されました。操作感は今までのエディターとは全く違うため、個人的には「とにかく使いにくい」「使い方がわからない」「記事を書くのに時間がかかる」という3拍子揃った感じで不評です。

そんなわけで「元のエディターに戻したい」と思いましたので、旧エディタである「Classic Editor」に戻す方法を書いておきます。

ここでは ワードプレス5.0の編集画面である新エディター「Gutenberg」を旧エディターである「Classic Editor」に戻す方法 を紹介します。

スポンサーリンク


従来のエディタに戻す方法

旧エディターは、「Classic Editor」というプラグインとして提供されています。エディターを元に戻すには「Classic Editor」プラグインをインストールして有効化します。

WordPressメニューから「プラグイン」-「新規追加」を選び、検索ボックスに「Classic Editor」と入力してプラグインを検索し、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

WordPressプラグインClassic Editorをインストール


「Classic Editor」がインストールされたら「有効化」をクリックしてプラグインを有効化してください。これで旧エディタを利用できます。

早速、旧エディターに戻っているか確認してみましょう。投稿一覧から記事を確認すると・・・

WordPressのエディターが旧エディターに戻った


おおおー、エディターが元に戻ったー^^


やっぱりブロックエディターを使いたくなったら

旧エディターに戻したものの、やっぱ「ブロックエディター」でがんばってみるよ、って方には、投稿設定から変更できますよ。

WordPressメニューから「設定」-「投稿設定」を選び、「すべてのユーザーのデフォルトエディター」で、「ブロックエディター」を選んで保存すればOKです。

WordPressの投稿設定からブロックエディターを選べば切り替えられる


今のところ私はがんばれないですけど・・・^^;


まとめ

ワードプレス5.0の編集画面である新エディター「Gutenberg」を、旧エディターである「Classic Editor」に戻す方法を紹介しました。

この記事を見ている方は私と同じく新エディターが使いにくくて、旧エディタに戻したい人ですよね。新エディターのどんなところがイケてなかったか、コメントもらえると嬉しいです。

とはいえ、いつまで旧エディターのプラグインがサポートされるのか。少しずつ新エディターに慣れていかないといけないのかなー、なんて不安を感じたりしていますが、今はとりあえず元に戻ってホッとしております。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

基本フォロバします。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL