Excel 貼り付け元の範囲には、Excelのこのインスタンスに貼り付けられない数式が含まれています。 の対処方法 ホームページ制作 | 墨田区

Excel 貼り付け元の範囲には、Excelのこのインスタンスに貼り付けられない数式が含まれています。 の対処方法

LINEで送る
Pocket

貼り付け元の範囲には、このインスタンスに貼り付けできない数式が含まれています。これらの数式は値として貼り付けられます。原因として、貼り付け元が、保護されたビュー、Excelの別のインスタンス、または他のアプリケーションだったことが考えられます。
Excel 貼り付け元の範囲には、Excelのこのインスタンスに貼り付けられない数式が含まれています。

別のインスタンスからブックに属性を貼り付けることはできません。
このエラーが出た場合の対処方法をご紹介します。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


再現方法

例えば、以下のような表があったとします。これを「売上表1」とします。
※この時点では数式が入っています。
数式の入った売上表

スタートメニューから、もう一つ Excel を起動し、別ブックの「売上表2」を作ります。
そして 売上表1 から 売上表2 へピー&ペースト すると・・・なんと、数式が消えて値が張り付いています。
別インスタンスでコピー&ペースト

メッセージの「別のインスタンスに属性を貼り付けることはできません。」というのは、別々の Excel 間で数式のコピーはできないということです。
タスクマネージャで見ると EXCEL.EXE が2つ起動しているのがわかります。
タスクマネージャでExcel.exeが2つ起動している



対処方法

メッセージの通り「別のインスタンスに属性を貼り付けることはできません。」ということなので、1つの Excel の中でコピー&ペーストする必要があります。
これを MDI といいます。(前述の発生原因の方法は SDI といいます。)
1つの Excel の中で複数のウインドウで開いてコピー&ペーストすれば、ホラ、数式も貼り付けできました。
MDIでのコピー&ペースト



まとめ

別インスタンスでブックを開き、貼り付けたつもりでも数式が張り付いておらず、値だけになっていると、後で入力変更した場合(例:ここでは数量など)、再計算されず正しい集計がされないことがあります。できるだけ MDI で開くように心がけましょう。
ちなみにブックをダブルクリックで開けば、最初に起動した Excel.exe に対し MDI で開きます。


参考サイト

ブックに Excel の別のインスタンスに属性を貼り付けることはできません。
Multiple Document Interface – Wikipedia


おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメント - Thank you for the comment.

Trackback

  1. […] この記事にある再現方法を実施し、Process Monitorで挙動を調べたところ、下記レジストリの値を編集することで、ダイアログを非表示にできることが分かりました。 […]

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL