Office Excel リボン非表示 カスタマイズ方法 ホームページ制作 | 墨田区

Office Excel リボン非表示 カスタマイズ方法

LINEで送る
Pocket

Excel リボンのカスタマイズ
Excelでリボンの非表示(カスタマイズ)する方法のご紹介です。
以前 こちら のページで、VBA によるリボン非表示の方法と Custom UI Editor Tool を使ったリボン非表示の方法をご紹介しました。
VBA リボンを非表示にする方法 – Excel, Word, Access

今回は、Office Ribbon Editor を使った リボンのカスタマイズ方法 をご紹介したいと思います。Office Ribbon Editor をインストールされていない方は、こちらよりインストールを実施してください。
Office Ribbon Editor インストール方法




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


リボンカスタマイズの準備

リボンをカスタマイズするには リボンメニューのコントロール ID を知る必要があります。
Microsoft は Office のバージョンごとにコントロール ID 一覧を公開しています。


上記サイトより、必要なバージョンのファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードファイルを展開すると、Excel や Word など、全ての Office アプリケーション用のコントロール ID が用意されています。
Office用のコントロールIDリスト

ExcelControls.xlsx を開くと、「コントロール名」「コントロールタイプ」「タブ名」などの情報が表示されます。これらを元に、リボンをカスタマイズします。
Excel用のコントロールIDリスト



リボンのカスタマイズ

試しにリボンの ホームタブの フォント だけを表示するように変更してみましょう。
対象の Excel ファイルを Office Ribbon Editor で開きます。
※ここでは、新規に作った「Sample.xlsx」を使います。

開くと右側の Document Explorer に以下のように表示されます。
Office Ribbon Editor Document Explorer

Custom UI Parts を右クリックすると、Add CustomUI に
Office 2007、 Office 2010 が表示されます。
Office Ribbon Editor CustomUI

両方クリックすると、以下のように、RibbonX12、RibbonX14 が表示されます。
Office Ribbon Editor X12 X14
RibbonX12 は Office 2007用で、RibbonX14 は Office 2010 用となっています。

これを以下のように編集します。


RibbonX12

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2006/01/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <tabs>
      <tab idMso="TabHome" visible="true"> 
        <group idMso="GroupClipboard" visible="false"/>
        <group idMso="GroupFont" visible="true"/>
        <group idMso="GroupAlignmentExcel" visible="false"/>
        <group idMso="GroupNumber" visible="false"/>
        <group idMso="GroupStyles" visible="false"/>
        <group idMso="GroupCells" visible="false"/>
        <group idMso="GroupEditingExcel" visible="false"/>
      </tab>
    </tabs>
  </ribbon>
</customUI>

RibbonX14

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
  <ribbon startFromScratch="true">
    <tabs>
      <tab idMso="TabHome" visible="true">
        <group idMso="GroupClipboard" visible="false"/>
        <group idMso="GroupFont" visible="true"/>
        <group idMso="GroupAlignmentExcel" visible="false"/>
        <group idMso="GroupNumber" visible="false"/>
        <group idMso="GroupStyles" visible="false"/>
        <group idMso="GroupCells" visible="false"/>
        <group idMso="GroupEditingExcel" visible="false"/>
      </tab>
    </tabs>
  </ribbon>
</customUI>

tab idMso=”TabHome” というのが、ホームタブを意味します。これの表示するかどうかの visible を true にすることで、ホームタブが表示されます。
その中の group で、idMso=”GroupFont” だけを visible=”true” にすることで、フォントだけ表示されます。

変更したら保存して、ファイルを開いてみましょう。
Excel リボンの非表示
このように、「ホームタブ」の「フォント」以外が非表示になりました。


参考サイト

・officetalk Display and Hide Tabs, Groups, and Controls on the Microsoft Office Ribbon User Interface (Part 1 of 2)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee390805(v=office.11).aspx

・officetalk Display and Hide Tabs, Groups, and Controls on the Microsoft Office Ribbon User Interface (Part 2 of 2)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee633442(v=office.11).aspx

・2007 Office Fluent リボンをカスタマイズする (開発者向け) (パート 2-3)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa338199.aspx

リボンが xml で制御できるとなると、いろいろ応用ができそうですね。

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL