Excel 余分なスペースを削除する TRIM 関数 ホームページ制作 | 墨田区

Excel 余分なスペースを削除する TRIM 関数

LINEで送る
Pocket

Excelで余分なスペースを削除する方法をご紹介します。

対象

Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

関数名

TRIM

プログラミング経験のある方にとっては、馴染み深い名前だと思います。

使い方は簡単。スペースを削除したい文字列を引数に指定するだけです。




【PR】マジか?!「アレ」してるLINEスタンプっていったい・・・


例えば、 A1 セルに対象文字列がある場合、
[ =TRIM(A1) ]
という数式を入力すればOKです。

しかし、この Excel の TRIM 関数、プログラミングで利用する TRIM とはちょっと違います。
単語間のスペースを1つずつ残して、不要なスペースを全て削除します!
なんのこっちゃ・・と思われる方、全くその通りですね。

さっそく試してみましょう。
文字列 文字数
「マイクロソフト エクセル」 12
「マイクロソフト エクセル」 14
「 マイクロソフト エクセル 」 14
「 マイクロソフト エクセル 」 16
「 マイクロソフト エクセル 」 20

これらの文字列に対し、 TRIM 関数 を利用すると・・・
文字列 文字数
「マイクロソフト エクセル」 12
「マイクロソフト エクセル」 12
「マイクロソフト エクセル」 12
「マイクロソフト エクセル」 12
「マイクロソフト エクセル」 12

となりました。
おぉぉ、全部一緒になるとは・・・、なんて迷惑?

まさに、「文字列の間にあるスペースは1つだけを残して削除する」のです!
このとき、先頭にあるスペースが残される仕様のようです!!

たとえば、
「全角スペース・半角スペース・・」といった順番で入力があれば全角スペースが残され、
「半角スペース・全角スペース・・」といった順番ならば半角スペースが残されます。

プログラミングで利用する TRIM 関数とはちょっと違いますので、
扱いには注意が必要ですね。

Excel スペースをすべて削除したい場合は、こちらをご覧ください。
>Excel スペースをすべて削除する SUBSTITUTE 関数

おつかれさまでした。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

コメントを残す

コメント(必須)

お名前 (必須)
メールアドレス
(アドレスは公開されません)

Trackback URL